飛行機に化粧品の持ち込みはできる?国内線と国際線では違う?

飛行機に化粧品の持ち込みはできる?国内線と国際線では違う?

こんにちは、皆さんは旅行に行く際なにを持っていきますか?

着替え・身だしなみアイテム・あとアレとコレと…と女子は必ずと言っていいほど少ない荷物では行けませんよね(笑)

電車であればなにも気にすることはありませんが、今回は飛行機に乗っての旅行のお話です。

飛行機って荷物の持ち込み制限がいっぱいありますよね、

実は持ち込みできない化粧品関係もあることをご存知でしたか?

今回はそれらについてまとめていきたいと思います。

Advertisement

飛行機に化粧品の持ち込みはできる?国内線と国際線では違う?

機内に化粧品関係はまったく持ち込めないということはありませんがルールがあります。

それも、国内線と国際線でルールが変わってきますので少々ややこしいです。

国内線

まずは国内線のルールからお話していきますね。

化粧水や香水、美容液などの液体(非放射性の医療品と言われるものも含む)は

持ち込みできますが量が決まっています。

1容器あたり内容が500mlまたは0.5kg以下で、合計2リットルまたは2kgまでに制限されています。

ここにはコンタクトの洗浄液やマニキュアの除光液も含まれますので

あれこれ必要だよって人は必要な泊数分だけ100円ショップなんかでよく見かける小分けの容器に入れて持っていくようになりますね。

クリーム状のものであればコンタクトケースが役に立ちますよ♪

また、ヘアスプレーや制汗スプレーも同じ扱いになりますのでご注意を。

国際線

国際線はこれがもっと厳しくなります。

液体は基本的に100mlまたは0.1kg以下の容量で容器に入っていなければならず、

それをさらに1リットル以下の再開封可能な透明のビニール袋(ジップロックなど)にすべて入れなければなりません。

目安としては縦横40cm以内の袋がそれに当てはまります。

あらかじめ家でまとめておかないと保安監査場で詰めなおす羽目になってしまい、

最悪処分されてしまうなんてこともありますし

何よりそれによって混雑の原因にもなってしまうのでスムーズにいけるよう用意は家でしましょう。

空港内でビニール袋は売っている場合もありますがギリギリでバタバタとしてしまうとそれだけで疲れてしまいますから行動には余裕を持ちましょう。

もちろん機内に持ち込む必要がなければ中身が漏れないようにしっかり封をしてキャリーバッグに入れて預けてしまっても大丈夫ですよ。

Advertisement

飛行機に化粧品の持ち込みはできる?特に注意したほうがいいこと

 

あぁ…だいたいのことを先に書いてしまった…

でも、機内に持ち込まなければいけないような化粧品ってそんなにないと思うのですよね。

ドライアイの人が目薬を~とか乾燥が気になるからクリームや保湿剤を~なんていうのがほとんどではないでしょうか?

意外と機内って乾燥しますよね、わたしも乾燥肌なのでいつも気になってしまいます。

ここで便利な保湿剤がベビーオイルです!

薬局で最初から小さめの容器に入って売られているものも多く、

肌の乾燥を防ぐだけでなく髪の乾燥を防ぐのにも使えるのでこれはわたしのオススメですね。

あとは預け荷物にする際、荷物はご存知の通り貨物室に入れられるのですが

その中にはたくさんの方のスーツケース・キャリーバッグが詰め込まれているので

飛行機が揺れるたびにバッグは衝撃を受けます。

ので、パウダーチークやパウダーファンデーションなんかは割れやすいので

あらかじめプチプチやタオルなどで包んで割れないように対策を打っておきましょう。

また、液体物も気圧の変化でいくらしっかり閉めたフタでも緩くなってしまい漏れるなんてこともあるので

ほかの荷物に付着しないようにビニール袋に入れておいた方がいいですね。

これで一番やられやすいのがリキッドアイライナーだったりするので本当に気を付けて…

一回やらかして悲惨な目にあいました、

その時は機内に持ち込んだのですがフタを開けた瞬間ハデに飛び散りましてね

…服やら手荷物やらに付いたヤツはまーあ落ちないので本当に気を付けていただきたい‼

友達も同じミスをしてウン万のブランド品おジャンにしていましたから。

先に乾燥でベビーオイルを~と言いましたが、

飛行機に乗るのにどうしても化粧品を持ち込みたいならなんだかんだそこらで配られている試供品を持っていくのが一番楽だったりします。

あれは一回分しか入ってないので荷物も減りますし場所をそんなに取らないですし100mlの規定に引っかかる心配もありません。

はぁ、こうやってまとめるといろいろ大変だなぁ飛行機に乗るのって。

楽しい旅行で終わらせたいならルールを守ろう!

参考になりましたでしょうか?

過去の若かりしわたしは何の下調べもせずにあれこれと持ち込もうとして悲惨な目に合ったので、

今これを読んでくださっている方々には本当に苦い思い出を作ることなく楽しい旅行をして帰ってきてほしいです…

旅にトラブルはつきものですが、それがあとになって笑い話になるかどうかですからね(;^_^A

と、いうわけで今回は以上になります、ありがとうございました!


Advertisement

飛行機カテゴリの最新記事