タイミングを間違えると浮きまくる!スーツを衣替えする最適な時期って?

タイミングを間違えると浮きまくる!スーツを衣替えする最適な時期って?

スーツ 衣替え

新社会人として街に出るとスーツに身を纏った企業戦士に変身し、勤め先に向かいます。

学生の頃は自由に気兼ねなく、自分の好きなようにファッションを楽しむことが出来ましたが、スーツとなるとそれも厳しくなりスーツ、シャツに靴や鞄まであらゆるもののカラーやデザインが似たり寄ったり。

まるで、社会人の制服のように感じます。
何故かと言うと、スーツの衣替えのタイミングさえも学生服同様で決まりがあるからです。
自分の判断任せはNG!ですが、見誤れば浮いた人。

そこで正しい衣替えの最適な時期について調べてみました。

Advertisement

一般的にも『最適!』と言われているスーツ衣替えのタイミング

そもそもスーツの衣替えってどう判断するのかご存知でしょうか?

学生時代のように学校から「◯日から夏や冬服での登校になります。」なんてお手紙や校内放送があるわけでもなく、かといって自分のタイミングを見計い、「今日は暑くまたは寒くなりそうだし…ここは衣替えでしょ?」

なーんて自分の勝手なタイミングで衣替えしてしまうと、通勤途中の電車や交差点、はたまた職場まで回りとは違う装いに目立ってしまい、回りから浮いた存在に受け取られてしまいます。

では他の方々はどのようにして衣替えのタイミングを測っているのでしょう?

近頃の気温というと変化の波が激しくなっていますよね?

春先で心地よい気候かと思えば真夏か!?と思うぐらいの猛暑があったり、夏は酷暑が続いたと思ったら、急に冷え込んできたり…。秋の季節が無くなったの!?と思うぐらい暑い日から突然冷え込み寒くなってと体調管理にも影響を及ぼすほどです。

そこで聞くに聞けないスーツの衣替えのベストタイミングについてご紹介したいと思います。

⚫衣替えの時期は業種やプライベートによって違う!?

実はスーツの衣替えと言っても一概にここから!といった決まりはありません。
ですが、先走って気温をチェックし変更すれば「何あいつ?」といった目で見られているかのような視線を感じます。

それは何故かと言うとビジネスマナーに違反している可能性もあるからなのです。

人に聞けない、自分勝手に出来ないとなると、「どーしたらえーねん!」ってなりますよね。

ここでこそっと回りの方のタイミングをご紹介したいと思います。

職場に制服のある会社
夏服は6月1日からで冬服は10月1日

その他サラリーマンなどビジネススーツを着用する会社
夏は5月1日から6月1日で、冬は10月1日から11月1日の間

こう見ますと約一ヶ月間の猶予がもうけられているのがわかりますね。
これには近頃の気温の変化に伴い、暑かったり寒かったりする場合によってどちらでも着衣することが出来るようにもうけられているのですさ。

ちなみにプライベートですとどうだったか覚えていますか?

その時によって違うからなぁ…。と思うかもしれませんが、

大体4月頃に薄での長袖になる春ものになり、6月頃の時めっとする時期に半袖に羽織り物で体温調節する夏物へ、そして暑い日差しが落ち着く9月頃にまた秋物になって、11月頃にコートやダウンを準備したりして冬ものに衣替えしている人が多いかと思われます。

参考 おやまあ、そう、なるほどね!https://hidakakonbu.com/1608.html

Advertisement

スーツを衣替えする前に必須!な、お手入れや保存方法

しかし、衣替えをするとなるときちんとしたお手入れに保管方法を整えておかなければ、埃がついてしまったりはたまはじめじめする時期ではカビ臭い!?

なんてこともあり得ます。

ただクリーニングに出して終わりと思っていませんか?
確かにクリーニングできれいにすればお手入れ入らずですが、保管方法に普段からのお手入れの方法を知っておくだけでスーツの劣化を防ぎ、長持ちさせることが出来ますよ!

さて、どのようなお手入れか必要になるのか?事前にチェックして必要なものを揃えておきましょう♪

⚫お手入れに必要な物リスト

まずは普段のお手入れから始めたいと思います。お手入れには道具が必要になり、出来れば全て揃えるようにしましょう。

洋服ブラシ
パット見た所それほど汚れていないようにもとれますが実は繊維の隙間にはチリや埃が入り込んでしまっています。帰宅したらスーツを脱ぎ、ポケットの中身を取り出してブラッシングしてあげましょう。

また裏地にもブラッシングするのがポイントで首回りの襟裏は皮脂汚れも入り込みやすいため、襟は立ててしましょう。

スチームアイロン
シワが出来てしまったらスチームアイロンできれいに伸ばしてあげましょう。
そのままに放置していると跡が残ってしまったり、見映えもよくありません。

アイロンをしてハンガーにかけるだけでずさらにシワを伸ばしやすくします。

ハンガー
保管には欠かせないハンガー。掛けて日陰干しするとさらに長持ちどがアップします。
注意することはスーツに見合ったハンガーを使用すること!形の合わないものはずり落ちてしまう危険があるからです。

また長持ちさせるには1日きたら休ませてあげることが大切らしく、最低でも3日明けて着るのが望ましいようです。

知らなかった…。

またクリーニングに出してスーツをきれいにしても保管の仕方を誤れば虫に食われたり、カビ臭くなってしまうこともあるんですよ!!

「わざわざきれいにするためにクリーニングに出したのになんで?」と思うかも知れませんが、それは正しい保管をしていないから。

クリーニングから帰ってきたらそのスーツどうされてます?
クローゼットに保管する方がほとんどかと思いますが、返却時に被せられたビニールを取り外ししていますか?

埃がつかないように被せられたビニールは、湿気がこもりやすいため長期保管には向いておらず、返却されたらすぐに取り外すものになるのです!

ですので、新たに被せるのは不織布地のカバーなど通気性のよいものに取り替えることが大切です!

まとめ

いかがですが?意外にしらないスーツの衣替えにお手入れ方法を知って実践しようと気になれましたでしょうか?

ちょっと面倒と思うかもしれませんが、スーツを長持ちさせるには大切なこと!面倒かもしれませんがするとしないとでは随分と違ってきますよ。

衣替えの際には一度挑戦してみてください。

Advertisement

メンズファッションカテゴリの最新記事