和菓子屋の息子のボクが考える大メーカーの和菓子について ~お饅頭(まんじゅう)~

和菓子屋の息子のボクが考える大メーカーの和菓子について ~お饅頭(まんじゅう)~

スーパーのイオンで吹雪まんじゅうを買いました
ボクはこれが大好きで、会社帰りに毎日買ってます

饅頭
妻に見つかると(甘いもの食べすぎ!と)怒られるので、家に着くまでに食べちゃいます(笑)
吹雪まんじゅうが売り切れている時は、黒糖吹雪まんじゅうを買います

まんじゅう

最近は季節柄、よもぎ饅頭も買います

万十

ボクの実家は和菓子屋です。和菓子といってもお饅頭や大福もち、かしわ餅といった庶民的な和菓子を作っています
お饅頭屋です。九州の熊本で商売をしています

作った饅頭は自宅店舗で売っています。スパーマーケットにも卸しています。

身内だから言うわけではないけど、正直な話うちの饅頭は他と比べてもおいしいと思います

さて、ボクが子供のころ、父親が言っていた言葉で今でもおぼえている言葉があります
「大メーカーの饅頭はおいしくない」
「うちの饅頭のほうがうまい」
と、
でもその後こんなことを言ったんです
「でもな、山崎はうまい」「うちにとって山崎は脅威だ」
と、
山崎とは山崎製パン、いわゆるヤマザキパンです

実は最初に紹介した3つの饅頭は全部山崎パンなんです
実際うまいんです
スーパーには地元の和菓子屋さんの饅頭も売っていますが、山崎のほうがうまいです

和菓子のイメージとして、大メーカーの和菓子より、小さな和菓子屋さんの和菓子のほうがおいしそうなイメージがありますよね
実はそうでもないのです

いや、正確にいうと小さな和菓子屋さんの饅頭も出来立てはおいしいのです
でも製造から2時間4時間とたってしまうと急激に味が落ちてしまうんです
具体的には饅頭だと皮がぱさついてきて、あんこも固くなってきます
でも大メーカーの饅頭は時間がたっても皮がぱさつかず、あんこもやわらかくおいしいのです
出来立てを食べてもらうのが不可能な大メーカーは時間がたってもおいしい饅頭を開発しているのです
そして大メーカーの中では山崎パンがうまいです

昔、父親が言った「山崎は脅威だ」と言う言葉が今になってわかりました
小さな和菓子屋さんは、味以外の強みをもたないと、大メーカーにやられてしまうと思っています

さて今日も吹雪まんじゅうを買ってかえろう

グルメカテゴリの最新記事