加湿空気清浄機は上から給水できるタイプが人気!おすすめの上から給水タイプ3選

加湿空気清浄機は上から給水できるタイプが人気!おすすめの上から給水タイプ3選

こんにちは、夏も終わってだんだん外の空気が変わってきましたね。

涼しくなってきて、季節の移り変わりが肌で感じられます。

冬になると空気の乾燥によって肌が乾燥してお化粧のノリが悪くなり、手も関節もガサガサでお手入れが…でも、なによりも風邪やインフルエンザが心配ですよね。

せめてお部屋の中の空気乾燥だけはどうにかしたい!て人のために今回は様々な加湿空気清浄機を紹介していこうと思います。

Advertisement

加湿空気清浄機にはこんなタイプがあります!

一言に加湿空気清浄機と言っても様々な仕様があります、

仕様の違いで扱いやすさや機能なども変わってきますのでざっくりとですがご説明します。

スチーム式

仕組みとしては内部のヒーターで水を沸騰させて蒸気で空気の乾燥を抑えます、

よくお店とかで見る蒸気がバーッと出ているアレです。

使うたびに水が沸騰するのでタンクが煮沸消毒によって殺菌がわきにくくなっています。

また、比較的にシンプルな構造の商品が多いので手入れがとても楽な商品が多いですね。

ただ、ヒーターを使っているので電気代が他のタイプと比べると高い、

そして吹き出し口が熱くなるので小さいお子様がいるご家庭などでは注意が必要かと思います。

気化式

こちらは水を含ませたフィルターに風を当てて空気の乾燥を抑えます。

スチーム式とは違い消費電力が低いので電気代はお安く済みます。

ただ、じんわりと加湿していくので早急に部屋に潤いを!という感じではないです。

吹き出し口から涼しい風が出るので部屋の温度が下がってしまうことや、

ファンの音が大きいモデルがあるので音に敏感な人は気になるかもしれないですし、

フィルターの交換を定期的にしないといけないというネックもあります。

超音波式

タンク内の水を振動で細かいミストにして空気の乾燥を抑えます。

サイズが小さい物が多くお部屋の置き場に困ることは少なく、電気代も安いです。

ただ、スチーム式とは違い加熱の作業がないのでタンクに入れた水に雑菌が繁殖しやすく、

その雑菌がミストとともに部屋に飛散する可能性もありますので、こまめにお手入れが出来る人向けですね。

ズボラなわたしには一番向かないタイプです…

ここまでは比較的本体の値段も手ごろな物が多いですね。

次説明するふたつはちょっと本体の値段が張ってきます。

ハイブリッド式(温風気化式)

筆者は家でこのタイプを使っています。

気化式にヒーターを組み合わせたタイプで、温風を水が含んだフィルターに当てて空気の乾燥を抑えます。

温風を利用するので普通の気化式よりも効率よくお部屋を加湿できます。

しかし、ヒーター機能で電気代が上がりますし定期的なフィルター交換がこちらも必要になります。

通常の気化式のフィルターよりも値段も高めになんですよね…うぅつらい。

ハイブリッド式(加熱超音波式)

超音波式にヒーターを組み合わせたタイプで、温めた水を振動させてミストにして空気の乾燥を抑えます。

ヒーター加熱があるのでタンク内の水に雑菌はわきにくいです。

こちらもヒーター機能で電気代は上がりますし、ハイブリッド式になっても超音波式はやはりこまめなお手入れが必要になります。

いろいろありすぎて何が何だかわからなくなってきましたね…

ズボラな人は気化式!マメな人は超音波式ですかね?

電気代だけで言うとスチーム式が一番高いですが、フィルター交換とかがないことを考えると維持費はみんな同じくらいなのかな~なんて思います。

あと、選ぶ際はお部屋の畳数・木造か鉄筋かで変わってくるのでちゃんと置く部屋に合ったものを選びましょう。

多分お店に行けばどれが何畳用とかポップが付いているはずです、わからなければ店員さんに聞いてみましょう!

Advertisement

加湿空気清浄機おすすめの上から給水タイプ3選

ここからは元電機屋の従業員だったわたしの独断と偏見で選んだ商品をお教えします!

象印 EE-RN50(スチーム式)

これ、なにがいいって構造がポットと同じなので、上のふたをパカッとあけて水が入れられるのが楽です!

スチーム式なのでお部屋はすぐ潤いますし、この機種は温湿度センサーが付いているので加湿しすぎることもないです。

構造がポットと本当に同じなのでうっかり倒してしまった際のお湯漏れも少なく小さいお子様がいる家庭にもおすすめですね。

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥11,968 (2019/10/19 03:14:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

パナソニック FE-KXR07(気化式)

DCモーターが内蔵されているので比較的静音ですし、お急ぎ加湿モードというものが搭載しているのですが電気代がとても安いです!

また、タンクは取り外せ、入れる際向きを気にしなくていいのもストレスフリーですね。

ナノイーも搭載されていますので通常の加湿器よりお肌への潤いもアップですしデザインもすっきりしているので女性人気が高いです。

加湿フィルターは月一でお手入れをメーカーが推奨していますが交換は10年不要とのことです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥32,800 (2019/10/19 03:14:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

コロナ UF-H5018R(ハイブリッド温風気化式)

こちらは内部で定期的にフィルターをしっかり濡らしてくれるので、

加湿機能にムラが少なく、お部屋をしっかりと潤してくれます。

こちらもタンクは取り外し出来ますし、タンクの口が大きいので奥までしっかり洗えますし、

使わない際は内部でフィルターを水に浸らせず温風を当てて乾かしてくれるのでカビの心配もなくお手入れ楽ちんです。

フィルターはお手入れしていれば8シーズン交換不要とのことです。

 

以上がわたしの独断と偏見で選んだおすすめ機種でした!

フィルター交換長いことしなくていい機種多くていいな…ウチで使っているのは交換頻度がなぁ~と調べていて悲しくなってきましたわ…

とりあえずお店で現物を見てみよう!

いろいろ書いてきましたが、実物を見て、触ってしないとわからないことが多いのが家電です。

比較サイトなどで下調べしてから行ってもいいですし、現地で値段見て選んでも、フィーリングで選んでもいいのですよ。

よほど間違った選択をしなければ、みんなちゃんと加湿器の機能を果たしていますから!

少しでもこの記事があなたの商品選びの役に立っていれば嬉しいです♪

Advertisement

生活カテゴリの最新記事