ファンスキーが人気です!おすすめの板やブーツを徹底解説

ファンスキーが人気です!おすすめの板やブーツを徹底解説

こんにちは、だんだん寒くなってきてウインタースポーツを楽しむ人にとってはワクワクする時期ではないでしょうか?

ウインタースポーツもいろいろ種類がありますが、今回は最近人気のファンスキーについてお話していきたいと思います。

という訳で今回は「ファンスキーが人気です!おすすめの板やブーツを徹底解説」をお送りさせて頂きますね

Advertisement

ファンスキーはなぜ人気なの?

まず、ファンスキーとは様々な呼び方があり、ショートスキー・スキーボード・スノーブレードなどと呼ばれます。

ファンスキーの呼び方の由来は「FunSki(楽しいスキー)」とされ、誰でもカンタンに楽しめるスキーとして広められました。

ただ、この呼び方は日本でしか通じないので外国の方にはそのまま「楽しいスキーです!」で通ってしまいますのでお気をつけください(笑)

通常のスキーとは違い、ショートスキーとも呼ばれることから板は前兆130センチ未満のものを使用し、ファンスキーではストックを持たずに滑ります。

小回りがきいたりくるくる回ったりジャンプをしたりといろいろな技が出来るのもファンスキーの魅力となっています。

ファンスキーは小回りがきくことから子連れのファミリー層にピッタリです。

ストックもないのでお子様の肩や腕を持ってあげて一緒に滑ってあげられるのでサポートがすぐに出来ます。

操作も普通のスキーより楽なのでカンタンに上達しやすいのではじめての人でも楽しくハマりやすいです!

また、板が通常のスキーより短いので持ち運びが便利で、車での移動もゲレンデで持ち歩くときも楽です。

ストックもいらないので準備するものが少ないあたりも最近ウインタースポーツを始めた人に人気の理由ですかね?

でもいいところばかりではなく、通常のスキーよりスピードが出ないです。

ただ、これから始める人がいきなりものすごいスピードでゲレンデを滑走することはないと思うので

ほかのスノボーとか通常のスキーを本当はやりたいけどまだ雪に慣れてない…なんて人の第一段階としてもよく勧められますね。

あとは板が短いので安定性は悪いです。

正直転んだ際にケガをしやすいデメリットがありますので、ウインタースポーツ初心者の方は転び方に気を付けてくださいね?

もし転んでしまったら意識して背中から滑るように転んでください。

板を思いっきり空に蹴り飛ばすように上にあげて転ぶようにすればケガはしにくいです、

うっかりカラダでゴロゴロ~といく方がケガはしやすいのでご注意ください。

Advertisement

ファンスキーのおすすめの板やブーツ

まず、初心者の方であれば板は100センチで柔軟性のあるものをオススメします。

板に柔らかさがある方が転んでも起き上がりやすいためです、

初めての人だと板が短くても硬い板ではなかなか起き上がるのって難しいのですよ~。

ファンスキーの板にはビンディングと呼ばれる靴を固定する器具のタイプがふたつあります。

ひとつはクリップタイプ(100センチ以下)

もうひとつはセーフティタイプ(100センチ~130センチ)

それぞれにメリット・デメリットがあります。

クリップタイプは値段がお手頃で、ワンタッチで靴のサイズの変更ができてサイズも22センチから30センチ程まで対応しているのでさまざまな人に使いやすくなっています。

しかし、履くのが少し面倒でしたり転んでしまった際に板がカンタンには外れないので足首をひねる等ケガをする可能性があります。

なので、こちらを選ぶ際は先ほど書いたように背中から滑って転んでくださいね?

セーフティタイプは名前の通りで転んでしまった際に板が外れるようになっているのでクリップタイプのようなケガはしにくく、履くのも楽になっています。

ただ、靴のサイズ幅が少なめなので足の大きな人はサイズがない…なんてことになってしまうかもしれません。

そしてお値段は少し高めなので初めての人は躊躇してしまうかもしれません。

ですが、本当にケガだけはごめんだ!て人はセーフティタイプを選んだ方が安全かもしれませんね。

こちらを選ぶ際は板を空に蹴るように転ばないでください、板が空から降ってきて別の意味でケガをしますので…。

ブーツに関してはそこまでこだわらなくてもよいという意見が多いです。

ただ、毎年毎週行っちゃうよ!という人は自分の足に合ったブーツを買いましょう。

張り切って道具を揃えたはいいがたまにしか行かない(行けない)という人がひさびさに取り出したらプラスチックの部分が劣化していてとても使える状態ではない!

なんてことも多いようなのでそこは自分の都合に合わせて考えましょう。

楽しいファンスキーをするために自分に合った道具選びから!

楽しいファンスキーをするために自分に合った道具選びがだいじです

いきなり道具を購入してもいいですがスキー場でレンタルなどもしていますから、

いろいろ試してみて自分に合った板でこの冬ゲレンデを楽しく滑りましょう!

以上「ファンスキーが人気です!おすすめの板やブーツを徹底解説」でした。ありがとうございました。

【関連記事】⇓ ⇓

ファンスキーの板とビンディングセットはこのロシニョールが人気です

スキースノボカテゴリの最新記事