機内持ち込みのカメラバッテリーの容量は何mAhまで?個数は?

機内持ち込みのカメラバッテリーの容量は何mAhまで?個数は?

 

モバイルバッテリーやカメラの予備バッテリーを飛行機に持ち込むときは

預け入れ荷物に入れればいいのか、手荷物として機内に持ち込めばいいのか迷う時がありますね

それから最近のカメラは性能が良くなって、小型化が進んだことから、電池寿命が短いものも多いです

その場合はカメラの予備バッテリーを何個か持っていくこともあるかと思います

その場合に航空会社では容量の制限や個数の制限はあるのでしょうか

制限ルールを超えていることが発覚した場合はそのバッテリーはどうなるのでしょうか?

没収されるのでしょうか、それとも別管理されて到着地で返してくれるのでしょうか?

いろいろわからないことがありますね

という訳で今回は「機内持ち込みのカメラバッテリーの容量は何mAhまで?個数は?」をお送りさせて頂きますね

Advertisement

カメラの予備バッテリーは預け入れ荷物に入れればいいのか、手荷物として機内に持ち込めばいいのか

カメラの予備バッテリーは預け入れ荷物に入れればいいのか、手荷物として機内に持ち込めばいいのか迷うことがあるかもしれません

正解は必ず手荷物として機内に持ちこんでください

そもそもなぜ、モバイルバッテリーやカメラの予備バッテリーは飛行機への持ち込みにきびしいルールが設けられているのでしょうか?

最近のバッテリーのほとんどがリチウムイオンバッテリーという種類のバッテリーです

リチウムイオンバッテリーは小型でハイパワーという特徴がありますが

バテリーケースの外側から強い圧力や衝撃が加わると発火する危険があります

本当は航空会社は、リチウムイオンバッテリーを全面禁止にしたいのですが、

スマホの中にもリチウムイオンバッテリーが入っていますし、ノートパソコンにも入っています

カメラにも入っています

よってリチウムイオンバッテリーを全面禁止にするわけにもいかず、預け入れ荷物に入れるのは禁止して、手荷物として機内に持ち込むのは認めています

もし飛行機のカーゴスペースに入っている預け入れ荷物の中のリチウムイオンバッテリーが発火したら、火事の発見が遅れますし、消火も難しいです

機内持ち込みなら最悪発火してもすぐ発見できるし、消火もすぐできるということです

機内持ち込みのカメラバッテリーの容量は何mAhまで?個数は?

航空会社の規定ルールでは、スマホやタブレットに使うモバイルバッテリーとカメラ用の予備バッテリーは区別していません

両方共同じリチウムイオンバッテリーとして規定ルールが設けられています

よってここではモバイルバッテリーとして説明します

モバイルバッテリーは、容量によって持ち込みや個数制限があります

国内線の場合

バッテリー容量ワット数持ち込みルール
27,000mAh以下100Wh以下制限なし
27,000mAhを超え43,200mAh以下100Whを超え160Wh以下2個まで
43,200mAhを超えるもの160Whを超えるもの持ち込み不可

みなさんがよく使うモバイルバッテリーは5000mAh~10000mAhのものが多いですね、大きくても20000mAhなので、上記の規定によると、27,000mAh以下に該当します

その場合は持ち込み制限はありません

なので、モバイルバッテリーを買うときは27000mAh以下にするといいでしょう

カメラの予備バッテリーの容量は2000mAh前後が多いようです

ただ、カメラのバッテリーはモバイルバッテリーより電圧が高く、2倍ほどの電圧がありますので、上記の表に当てはめるときは数字を2倍換算してください

例えば2000mAhのカメラ用電池なら換算4000mAhとして規定を見ておけばいいでしょう

国際線の場合

国際線の場合は、国によって規定が日本と違う場合があります

中国は日本より厳しいルールを設けており、27,000mAhを超えるモバイルバッテリーは1個でも持ち込むことができません

中国以外でも日本より厳しいルールを設けている国もありますので、みなさんがモバイルバッテリーを購入するときは27,000mAh以下のものにするのがいいと思います

Advertisement

間違って機内持ち込みではなく預け入れ荷物にモバイルバッテリーを入れてしまったらどうなる?

間違って機内持ち込みではなく預け入れ荷物にモバイルバッテリーを入れてしまったらどうなるか?

実はボクはこれをやってしまったことがあります

国内線でしたが、預け入れ荷物にカメラの予備バッテリーを入れて預けたのです

しかしすぐX線検査で見つかり「スーツケースを開けてください」「カメラのバッテリーが入ってるようなので手荷物に移してください」と言われました

すぐにカメラバッテリーを手荷物のバッグに移しましたが、スーツケースにはもう1個カメラのバッテリーが入ってて再度呼び出しを食らってしまいました

このように荷物預け入れときにチェックされた場合はすぐに手荷物に移せばいいのですが、このチェックで見つからずに、もっと先まで荷物が運ばれていった場合はどうなるでしょうか

その場合は、スーツケースを強制的に開けて中のモバイルバッテリーは廃棄されてしまいます

つまり捨てられてしまい手元には戻ってきません

係員がモバイルバッテリーを別管理して到着空港で渡してくれるとかはありませんのでご注意ください

まとめ

カメラの予備バッテリーやモバイルバッテリーは必ず機内持ち込みにしてください

27,000mAhを超えるモバイルバッテリーは規定が厳しいのでモバイルバッテリーを購入するときは27,000mAh以下が良いでしょう

空港でモバイルバッテリーが突然没収されたらこまりますよね

飛行機に乗る際は事前にモバイルバッテリーの取扱ルールを把握して、現地で戸惑わないようにしておくといいですよ

それでは楽しい旅行を楽しんできてくださいね

以上「機内持ち込みのカメラバッテリーの容量は何mAhまで?個数は?」でした、ありがとうございました。

【関連記事】海外旅行でのカメラの盗難は思い出写真がなくなるショック!対策方法は?

【関連記事】トランジットとは?カタール航空 ドーハでのトランジットの過ごし方

【関連記事】国内 格安航空券 サイトのおすすめ

【関連記事】海外旅行に最適!ACコンセント付きUSB充電器 使用レビュー3選

旅行カテゴリの最新記事