アパレルのボーナス平均は?デザイナーの賃金年収やアルバイトの賃金は?

アパレルのボーナス平均は?デザイナーの賃金年収やアルバイトの賃金は?

アパレルショップ

ボクは洋服が好きで、ビームスやシップスによく行きます

アパレルショップに行くと思います。

販売員の方はみなさんおしゃれですよね

そういう販売員さんを見ていると、ほんとうに洋服が好きなんだなと思います

そんな華やかなイメージからアパレル業界に就職したい転職したいと願う人も少なくありません

ただ就職となると賃金やボーナスのことは大切です

そんなアパレル業界のボーナスはいくらくらい出るのでしょうか

もしかして出ないのでしょうか

そしてアパレルといってもアパレルデザイナーと呼ばれる人はどのくらいの年収なんでしょうか

またアパレル店員はアルバイトが多いのですが、正社員とアルバイトでは賃金が違うのでしょうか

ちょっと気になります

という訳で今回は「アパレルのボーナス平均は?デザイナーの賃金年収やアルバイトの賃金は?」をお送りさせて頂きますね

Advertisement

アパレルのボーナス平均は?

アパレル販売員は、みなさんおしゃれですよね

洋服が好きで好きでその仕事をしているのがよくわかります

そしてお店に行くたびに違う洋服を着ています

ということは、洋服代にかなりのお金を使っているにちがいありません

自社ブランドの洋服は社員価格で買えるそうですが、それでもかなりのお金を使っているのは想像できます

そして、ボーナスっていくらぐらいもらっているのでしょう

アパレルのボーナスをお話する前に、アパレルに限定されない、日本の会社員のボーナス平均をお話します

2018年冬のボーナス平均は956,744円

2018年冬のボーナス平均は956,744円だそうです

この数字を見て「高すぎないか?」という人もいるでしょう

中には「おれはこんなにもらってない、ふざけんな!」と怒り出す人もいるかもしれません

実はこの数字は経団連が発表した数字です

調査対象となった企業は、従業員数500人以上の一部上場企業になります

よって、日本の会社員全体の平均とは違っているでしょうね

じゃあもっと違うデーターはないでしょうか、ありました!!

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した「2018年冬のボーナス見通し」というPDFがあります

一人平均支給額
民間企業全体392,103
製造業532,858
非製造業362,437
公務員724,238

民間企業全体の平均で392,103円です

この調査は従業員数5人以上の会社を対象にしていますので、ほぼほぼ合っているのではないでしょうか

アパレルのボーナス平均はどのくらいでしょうか?

ではアパレルのボーナス平均はどのくらいでしょうか?

アパレルのボーナスの話をするには、アパレルを定義したいと思います

定義というか、これから話す「アパレルのボーナス平均」のアパレルの範囲をある程度限定しないと、あまり意味がない議論になってしまうので、アパレルの範囲を決めたいと思います

アパレル業界といっても、業態や会社の規模など様々です

アパレルといってもショップの販売員だけではありません

例えば、レナウンやオンワードもアパレルですよね

でもレナウンやオンワードの本社に勤務している人のボーナスはおそらく、上記の一部上場を対象にした調査と近いと思います

またレナウンやオンワードに勤める製造エンジニアもいます。この人たちを「アパレルの人」というにはちょっと雰囲気が違います

よって今回お話しする「アパレルのボーナス平均」はアパレルショップの販売員、ショップの店長などを主に、デザイナーやパタンナーと呼ばれる人たちのことを「アパレル」としたいと思います

さて、そもそもアパレルはボーナスが出るのでしょうか

厚生労働省の発表によると、一般企業の7割でボーナスが支給されているそうです

比較して、アパレルはボーナスがでる企業は全体の3割程度で、7割の企業はボーナスが出ないそうです

そして1回のボーナス支給額は20万円台だそうです

アパレルデザイナーの賃金年収

アパレルデザイナーも、所属する企業規模によって賃金年収が変わってきます

アパレルデザイナーと言っても、有名なオーナーデザイナーは億の年収でしょう

そうではない会社員デザイナーの年収はデザイナーとしての実力によって変わるそうです

アパレルデザイナーの年収は200万円から800万円で、平均年収は400万円とのことです

パタンナー職のデーターはないのですが、デザイナーと同じくらいだと思います

アパレルのアルバイトの賃金は?

さてここまで、アパレルのボーナスやアパレルデザイナーの年収について話してきましたが、それらはアパレル会社に勤める正社員の話です

アパレルショップの店頭に立つ販売員は、その多くが正社員ではなくアルバイトだと言われています

アルバイト店員のボーナスはないところが普通です

そうすると同じ店内で働く正社員とは年収の差が出てきます

 

実はアパレルは昇格がしやすい業態だといわれています

例えば、アルバイトでショップ店員となり、そこで顧客満足度アップや商品の売り上げ成績などで結果を出し続ければ、チーフとなって、正社員雇用されて、店長に昇格するというルートはめずらしくないです

店長でも結果を出せば、本社勤務に移動する場合もあります

まとめ

ここまでアパレルのボーナスや年収についてお話しました

とかくアパレル=ブラックと思っている人もいるかもしれませんが

そうではないと思います

アパレルに勤めている人はほんとうに洋服とファッションが好きな人ばかりです

 

これから、アパレルに就職や転職をしようと思っている人にもこの記事が参考になればうれしいです


reフレッシュ転職|あんしん退職と転職サポートを見てみる

ファッションカテゴリの最新記事