相模原市民の6割はノジマステラという名前を知らない じゃあどうする

相模原市民の6割はノジマステラという名前を知らない じゃあどうする

ノジマステラに関する調査報告書

神奈川県相模原市から発行された「市政に関する世論調査報告書」があります。
調査は相模原市民を対象に行われました
報告書の調査内容は市政に関して多岐に渡りますが、
その中にノジマステラに関する調査があります

報告書「相模原市ホームタウンチームに対する関心」
質問)ホームタウンチーム*にあなたはどの程度関心がありますか
(*相模原ライズ・ダイナボアーズ・SC相模原・ノジマステラ)

調査結果


ノジマステラ関係の数字を書き出すと
観戦に行ったことがある0.9%
応援しているが観戦に行ったことはない8.4%
名前を知っている程度25.2%
知らない59.5%
無回答6.0%

ノジマステラの試合に行ったことがある人は0.9%しかいません
そしてそもそもノジマステラという名前すら知らない人は6割にのぼります

ショックでした
普段サポーターをやっていて、SNSでもサッカー好きな人とつながっているからでしょうか
ノジマは有名ではないがそこそこ知られていると錯覚していました。
しかし現実の数字はこうです。

相模原市民でこうですから相模原市以外の人、県外の人の数字は推して知るべしです

「伝えなければ存在しないのと一緒」
6割の人には、ノジマステラは存在しないのと一緒です

観客を増やすには

観客を増やす施策として会場でのファンサービスに力を入れたらどうかという声があります
それもひとつの方法です
ただ、ファンサは実際にスタジアムに来た人しか受けられないサービスです
調査データーでいうと0.9%の人に向けたサービスです
0.9%の人にもう一度来てもらうためのサービスです。
もう少し深読みすると、0.9%の中には既にコアなファンが含まれています。コアなファンは何もしなくても次回もノジマの試合にきますから、リピーターになってもらいたい対象となる人数はもっと減ります。

よってこの0.9%の人達を対象にマーケティングリソースを投入し続けていくかは戦略になってきます
ボクは0.9%の人の手当てもそれなりにするが、残りの99%の人に向けたアプローチをもっと考えたいと思っています

余談ですがボクは自分のことをノジマに釣られた魚だと思っています。ボクはもう逃げません。だから選手やクラブはボクにエサをやるより、新しい魚にエサをやってほしいと思っています

99%の人たちへのアプローチ

実はすでにクラブや選手、スタッフは99%へのアプローチを始めています
2017シーズンにクラブが行った活動を列挙してみました

地域小学生サッカー教室@NFP
夢教室夢先生
障がい者サッカー会
TVK選手出演-複数回
CS放送選手出演
キッズサッカー
横山公園グラウンドオープンに選手参加
さがみはら桜祭り
芝ざくら祭り
大凧祭り
JCOM選手出演-複数回
エフエムさがみ選手出演-複数回
募金活動-複数回
相模女子大キッズスクール
地域の盆踊り大会
巡回サッカー教室-複数回
相模原スポーツフェスティバル
芝桜苗植え
チラシ配り-複数回
なでしこひろば
BS放送出演
職業体験学習の講師
区役所訪問
警察署訪問
テレビ神奈川表敬訪問
神奈川新聞表敬訪問
など
サッカー教室
お祭り

選手たちやスタッフはとても多くの活動をしています。すごいと思います
その活動内容は2016シーズンより大きく増えています
そんなにやらなくてもいいかもと思うくらいやっています

これらの活動はスタジアムに来たことがない方たちとノジマステラの名前も知らない人達へのアピールになります

サポーター仲間の活動

先ほどのはクラブがやったことです 「じゃあサポーターは何をやったの」ということになります
2017シーズンはサポーター仲間も99%へのアプローチを頑張りました
クラブ主査とは別にサポーター主査でチラシ配りを行いました
期間は3月から7か月間 週2回のペースで 約50回駅に立ちました。
試合を見に来てくれなくても、チラシを受け取った人にノジマステラの名前を知ってもらうきっかけにはなったと思います。
町田ゼルビアさんもサポーター主査でチラシ配りしていて、合同でやったこともあります
チラシ

チラシ

それからポスター貼りもサポーター仲間達が各自で活動しました。
ボクもやりました。けっこう断られてへこみました笑
関連記事:ポスター活動(ポス活)をしていて こうしたらよかったという反省やコツみたいなものを書きました

99%のアプローチは街中だけでなく、スタジアムでもできるかもしれません
キッズ○○体験教室とか、以前提案した写真教室とかも新たな人たちを呼び込めると思います
関連記事:女子サッカーそしてノジマステラを売れる商品にする。ベネフィット訴求としての写真

重要なこと

まずはノジマステラの名前を知ってもらうことです。
ノジマステラが何をやっている団体なのかを知ってもらうことです
そして一番大事なのはノジマステラの試合に行ったら何が得するのかをきちんと伝えることです
「とにかく来て、来ればよさがわかるよ」じゃ人は来ません
「スタジアムに行くとあなたにとって○○の得があります」と伝える必要があります

【最後に】このブログは、クラブにあれやれこれやれと言っているのではありません
ボクが自分でやっていくことを書きました
(おわり)

ノジマステラ神奈川相模原カテゴリの最新記事