ずんだれとる?腰パンの着こなし おしゃれな人とそうでない人

ずんだれとる?腰パンの着こなし おしゃれな人とそうでない人


昔は腰パンの人を見て「ずんだれとる」と思いました

「ずんだれとる」とは、熊本弁で「だらしない」とか「ずり落ちてる」とかそんな意味で使われます

おそらく、熊本だけでなく九州全域で使われているとおもいます

 

ちなみに「ぞろびく」という言葉もあります

ぞろびくは「ズボンの裾がぞろびいとる」というふうに使います

「ズボンの裾が地面について引きずってる」と言う意味です

 

ボクは今は、腰パンも「ファッションのひとつだよね」と思っています

時代とともにファッションは変わるので、腰パンも有りだと思います
でも、超難易度の高いファッションだと思います

Advertisement

腰パンの起源

腰パンの起源はだれでしょうか?

一般的には「ヒップホップ系」ファッションとして日本に伝わったと言われています

では、元祖は誰でしょうか

囚人の服説

アメリカで、自殺防止のためベルトを着用できない囚人の格好であるとも言われています

しかし、ファッションについて研究しているインディアナ大学の歴史学のタニーシャ・フォード氏は「ズボンの腰ばきが刑務所由来だとは考えていません」と囚人説を否定しています。

ズートスーツ説

一体ズボンを下げる文化はどこから生まれたのでしょうか。

1930年代に不良少年たちの間で「ズートスーツ」が流行していたことがヒントになります。

ズートスーツとはだぼだぼのジャケットに足首が先細りのスラックス、というスーツスタイルのことで、カリフォルニアの黒人やメキシコ系アメリカ人ギャングの衣装とされていました。

ギャングと関わりがあるものの、洋服屋で上下をそろえる余裕のない子どもたちが、「間に合わせ」を着ていたことが腰パンの起源になっているとフォード氏は考えており、どちらにしてもギャングが絡んでいることがわかります。

このズートスーツ説が有力のようですね

腰パンメンズコーデ

腰パンはメンズコーデの中でも1,2を争う難易度の高いファッションだと思います

メンズファッションの中ではスーツの着こなしが一番難しいと言われていますが、ボクは腰パンのほうが難しいと思います

そんな難しいコーデを着こなしているストリートスナップを見つけたのでご紹介します
 
 

この着こなしはさすがですよね、おしゃれですし、見ている人を不快にしませんよね

お手本にしてもいいと思います

腰パンが似合わない人

腰パンが似合わない人もいます

それは腹がでっぷりと出ている人の腰パンです

いや腰パンではないです

スボンが腰骨で止まらないので下にずれているのです。

若者であれば「まあしようがないかな」とは思います

おじさんで腹が出てる人でもズボンを上に上げれば問題ないと思いますよ

【関連記事】ワイドチノパンメンズコーデ 40代50代におすすめの着こなし方【2019最新】

以上「ずんだれとる?腰パンの着こなし おしゃれな人とそうでない人」でした、ありがとうございました。

Advertisement

ファッションカテゴリの最新記事