給料 年収がアップするエンジニアの転職方法

給料 年収がアップするエンジニアの転職方法

給料 年収がアップするエンジニアの転職方法について書きました

ボクはメーカーに勤務するエンジニアです
ハードウエアの電気回路エンジニアです
今は開発の最前線からは退いています
そんなボクが転職について書きます

基本的にエンジニアについて書いていますが、エンジニア以外の職種にも当てはまる話だと思います

エンジニアの不満

さて、エンジニアに限りませんが、会社には、並みのパフォーマンスのエンジニアと、高いパフォーマンスのハイパフォーマーエンジニアがいます

エンジニアの仕事の喜びは、「自分がやりたい仕事ができる」「開発した商品をお客様が喜んでくれる」それはエンジニアのやりがいです

ただ、給料・年収の面では満足していないと思います

年収ランキング

その理由のひとつめは、業種としてメーカーの給料は、商社や金融に比べると年収が低いです

最近、ビジネスリサーチ・ジャパンは大企業の「従業員平均年収」ランキングを発表しました

それを見ると上位は総合商社や大手金融です

 

そして理由のふたつめは、ハイパフォーマーエンジニアの場合は社内でも給料に不満を持っている場合があります

それはどういうことかと言うと「これだけ成果を出しているのに給料が安い」「まわりと給料が同じ」という不満です

それがハイパフォーマーエンジニアが外へ転職するひとつのきっかけになる場合があります

なぜそうなるのか、その原因は、日本の多くの会社の給与体系にあります

パフォーマンスが高い社員にその成果に応じて給料を増額することは、どの会社でもやっています
ただ増額割合は数割アップにとどまり、2倍3倍の給料を支払うことは、多くの会社で給与規定上できないのです

実は会社はハイパフォーマーが社外に流失しないように、今の給料の2倍3倍払ってもいいと思っています

でも今の給料の2倍3倍払うのは会社規定上できないのです

そして実際にボクの後輩エンジニアは、外資の会社に転職していきました。給料は大幅アップしました

こういう問題を解決する方法があります

給料 年収がアップするエンジニアの転職方法

実際にボクが知っているエンジニアが実行して成功した方法です

その方法は、エンジニアは一旦会社を退職して、同じタイミングで個人事業主になります。そして再度同じ会社の同じ仕事につくことです

エンジニアは会社と業務契約を結びます。報酬(給料)は今までの2倍3倍を要求してもいいでしょう

これで会社はエンジニアの社外流失を実質的に防ぐことができました
エンジニアは給料 年収が大幅にアップしました

ところで商品開発はチームプレイですから、個人事業主は今まで一緒に仕事をしてきた気心が知れた人間なので周りの人は安心です

それから細かい話ではありますが、個人事業主は実験設備や計測機器は今まで使い慣れたものをそのまま使うことができます

給料 年収がアップするエンジニアの転職方法まとめ

個人事業主として会社と契約することで給料 年収がアップします

ここでは、エンジニアの話をしましたが、エンジニアに限らない、他の職種にも当てはまる話だと思います

【関連記事】転職の前にエンジニアがやっておくといいこと

【関連記事】社内転職も選択肢のひとつです

以上「転職を考えている人へ 給料 年収がアップするエンジニアの転職方法」でした。ありがとうございました。

商品開発カテゴリの最新記事