高尾梅郷梅まつり2019の開催期間や混雑状況まとめ!

高尾梅郷梅まつり2019の開催期間や混雑状況まとめ!

こんにちは!

日本全国から春の便りが聞こえてくるころ、いよいよ各地で始まりますね!

そうです!「梅まつり」です!

お花見というと桜を思い浮かべると思いますが、梅の花もきれいでいいですよね

特に桜の花より先に咲き始めるので、「ああ春が来るな」と感じるのは梅の花だと思います!

紹介したい梅まつりはたくさんありますが、今日ご紹介させていただくのは

「高尾梅郷」の梅まつりになります。

高尾梅郷は、高尾駅または京王高尾山口駅から徒歩10~15分くらいのところにあります

旧甲州街道と小仏川に沿って点在する梅林と梅の木は総称して「高尾梅郷」と呼ばれています。

梅は2月下旬から3月中旬にかけて香り高くほころび、地域に春の訪れを告げます

もともとこの地域は梅栽培が盛んだったことから、1962年(昭和37年)に、この西浅川・裏高尾地域に梅の郷づくりを決意し、花火をあげ植樹祭を盛大に開催したそうです

その後、梅郷の発展と「観光高尾」を広く宣伝していくことを目的に地域内の民家の庭先や山の斜面、畑などで植樹が続けられ1972年(昭和47年)頃には1万本を有する「梅の名所」になりました。

Advertisement

高尾梅郷の近くには、ミシュランにも指定された高尾山があります

東京都八王子市に属する「高尾山」は、関東山地の東南、都心から約50キロメートルに位置しています。

都心からの交通の便にも恵まれ、日帰りでもゆっくりと山歩きが楽しめる国定公園で平成19年に富士山と並んでミシュランの三ツ星に指定された素晴らしい山です。

山麓からはケーブルカー、リフトで中腹の海抜472メートル付近まで登ることができます。

また歩いて登る道も3ルートありますが、いずれのルートも1時間30分ほどで山頂に達することができます。

加えて、高尾山のふもとには個性豊かなお店がたくさんあります。

特に蕎麦は有名で蕎麦の店が軒を連ねてますので、ぜひご賞味ください

 

そして高尾梅郷では毎年2月下旬から3月中旬まで梅が見ごろとなります

そして毎年3月上旬に高尾梅郷梅まつりが開催されるんです。

今日は、そんな高尾梅郷梅まつりについて、開催時間や開催期間、アクセスや

混雑状況そして見どころなどを詳しく解説していきたいと思います。

今記事を参考にして頂き、この高尾梅郷梅まつりをぜひ余すところなく

堪能しちゃってください!

それではさっそく行ってみましょう。

 

 

【高尾梅郷梅まつり開催時間や開催期間は?】

高尾梅郷梅まつりは、毎年多くの人が訪れる関東でも有数の人気の梅郷スポットになります。(昨年は3万人以上が来場)

観光サイト「るるぶドットコム」の梅の名所ランキングでは全国4位に選ばれました

梅まつり

 

今年の開催期間は3月9日(土)・10日(日)になります!

そして24日(日)までは1400本ある木下沢(こげさわ)梅林・梅の里が特別開放されます

また、高尾梅郷梅まつりの開催時間は「9:00〜16:00」です。

そして梅まつりを楽しんだ後には高尾山のふもとでお蕎麦を食べるのもいいと思いますよ。

高尾梅郷ランチ【おすすめの蕎麦屋】

高尾山のふもと高尾山口周辺のお蕎麦屋さんを紹介します

栄茶屋 本店 (さかえちゃや)

自然薯蕎麦がお薦め。

大きめの丼に汁と蕎麦が入っています。その上に自然薯と刻み海苔がのっています。それをよくかき混ぜて食べます

 

高橋家 (髙橋家 たかはしや)

冷やしとろろそばもいいですが、せいろや天婦羅せいろも蕎麦の味をストレートに味わえてお薦めです

 

橋詰亭 (はしづめてい)

山菜とろろ蕎麦がお薦め。とろろとうずらの卵、そして山菜が贅沢にのっています

【高尾梅郷梅まつりの料金は?】

また気になる料金ですが、入場料は「無料」です!

「ほんとに無料でいいの」と思うくらいきれいですからものすごいオトク感ですよ!

 

 

 

【高尾梅郷梅まつりの見所は?】

高尾梅郷梅まつりの見所はやはり何と言っても、旧甲州街道沿い約4.5キロメートル区間に点在する、

関所梅林、天神梅林、湯の花梅林、するさし梅林、木下沢梅林、そして小仏川沿いの遊歩道梅林を中心に、

約10,000本の紅白の梅が咲き誇る梅林の美しさですね。

そして各梅林で露店がでるほか、琴の演奏や野点(のだて)なども行われます。

また、4つの梅林をめぐり、抽選で賞品が当たるスタンプハイクのほか、梅の加工品や甘酒も販売予定です。

梅まつり

 

【高尾梅郷梅まつりの混雑状況は?】

高尾梅郷梅まつりは約4.5キロメートルという広い区間に点在するので、人出が多くても会場自体はそれほど混雑することはありません

 

【高尾梅郷梅まつりへのアクセス】

【電車】京王線「高尾山口駅」から徒歩10分 または JR中央線「高尾駅」から徒歩15分

【バス】JR高尾駅北口から「小仏」行きバスで、「小名路」(遊歩道梅林)、「駒木野」(関所梅林)、「荒井」(天神梅林)、「摺指」(するさし梅林)、「蛇滝口」(湯の花梅林)、「日影」または「大下」(木下沢梅林)の各バス停で下車。

【車】中央自動車道(均一区間)、中央自動車道 を進み、八王子JCTで首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄) に進み、すぐの高尾山ICで一般道に出たら国道20号を進む

【駐車場】会場には駐車場はありません。高尾山口駅や高尾駅周辺の駐車場をご利用ください

 

【高尾梅郷梅まつり2019 まとめ】

いかがでしたか?

本日は「高尾梅郷梅まつり2019の開催期間や混雑状況まとめ」と銘打ち、高尾梅郷梅まつりについて詳しく解説してきました。

やはり春のおとずれには梅の花は欠かせません。

ご家族とそして大切な人との思い出をしっかり作ってくださいね!

ちなみにゆっくりと写真撮影をしたり、混雑を避けて梅の花を楽しみたいという方は、「高尾梅郷梅まつり」が終わった後の3月中旬くらいがいいかもしれませんよ!

露店や催し物はやっていませんが、その分静かに梅の花を楽しめるでしょう

 

そして、高尾梅郷梅まつりの最寄り駅の高尾山口駅までは京王ライナーを使ってちょっぴり旅行気分になるのもいいかもしれません(北野駅乗り換え)

 

以上「高尾梅郷梅まつり2019の開催期間や混雑状況まとめ!」でした。ありがとうございました。

それではまた!

Advertisement

旅行カテゴリの最新記事