シャツとネクタイの組み合わせのお話 常識は変わるものだと思いました

シャツとネクタイの組み合わせのお話 常識は変わるものだと思いました

常識は変わるものだと思いました。それはシャツとネクタイの組み合わせのお話です

お気に入りのスーツ

ある食事会に着て行くために、お気に入りのスーツをクローゼットから出しました
会社には着て行かないスーツです

それに合わせる靴も普段履かないポールスチュアートの靴を靴箱から出してきました

さて、シャツとネクタイが決まりません。
手持ちのシャツとネクタイではどうしてもビジネス風になってしまうのです。

食事会なのでビジネス風ではなく少しおしゃれにしたいです

伊勢丹にシャツとネクタイを買いにいきました

ということでシャツとネクタイを妻と一緒に買いにいきました
行ったのは伊勢丹です。妻と行く場合はいつも伊勢丹です

伊勢丹に到着しました
見て回ったブランドは、ラルフローレン、ブルックスブラザース、Jプレス、ニューヨーカー
といったところでしょうか
トラッドブランドを見て回りました

それらを見て回った結果、Jプレスで買うことになったのですがそれにはこんな理由があります

ボクはグレーのフランネルのスーツに似合うシャツはブルー系かピンク系と決めていました
グレーのスーツにブルーのシャツ、グレーのスーツにピンクのシャツは似合います

それからビジネス臭くないシャツにしたかったのです
そこで選んだシャツはブルーチェックのシャツです

「グレースーツにブルーチェックのシャツはかわいいな」と思いました

ネクタイ選びで意外な言葉

次はネクタイです
洋服のルールからすると柄物のシャツには無地か無地に近いネクタイをあわせます

例えば黒のニットタイとかです
ボクの頭の中はすでにそうなっていました

そんな時店員さんが言いました
「チェックのシャツにこちらのレジメンタルのネクタイはどうでしょう」

ボクは「ええ~!」です
それはだめでしょうと思って、店員さんに言いました「チェックシャツにレジメンですか??」

店員さんは言いました「はい、昔はダメでしたけど、今はいいんですよ」
ボク「(ええ~!いつからそうなったんだ)」

いわれるがままにグレーのスーツにチェックのシャツとレジメンタルのネクタイを合わせてみると
「おお~、いいじゃん」です
合わせてみた感じはこんな感じです
「いいと思います!」
シャツ

 

参考のため、定番のブラックニットタイを合わせてみたのがこちらです
こちらもかっこいいです。でもちょっと無難な感じですね
シャツ

伝統やルール

洋服には様々なルールがあります
「柄物のシャツに柄物のネクタイは合わせないほうがいい」というのもその一つです

でも今回、お店の人はそのルールを崩してきました
びっくりしました
でもそこで思いました
「伝統を守るとは何も変えないことではなくて、変わることで長続きするんだな」と
これは洋服だけでなくいろいろな事にも言えることかなと思いました。
例えばコミュニティー内の昔からそうなっているルールも、異論反論を認めること、そして変わっていくことでコミュニティーが発展するのです
変わらないコミュニティーは消滅します

以上「シャツとネクタイの組み合わせのお話 常識は変わるものだと思いました」でした、ありがとうございました。

ネクタイの結び方について記事を書きました
ネクタイの結び方はくぼみをつくろう そして色々な結び方

ファッションカテゴリの最新記事