レッテル貼りを何故するのでしょう それはらくだからです

レッテル貼りを何故するのでしょう それはらくだからです

「その人のことを1本のブログだけで判断しない」
ボクが気をつけていることです
今日はレッテル貼りのことを書きました

人のブログを読む

ボクは人のブログをたくさん読むようにしています

するとときどき「その考え方は間違ってるよ」と感じるブログがあります

そして3日後くらいにもう一度そのブログを読むと「あれ?間違ってはいないな」と感じる場合があります

何が起こったのでしょうか

何が起こったのでしょうか

最初はわからなかったのですが、おそらくこうです

間違っていると思ったブログは印象に残ったということです

すると他のブログよりもその内容が頭に残っていて、ずっとその内容のことを考えていたんだと思います。
考えるといっても薄い思考の中で、無意識の中でずっと考えていたんだと思います

すると1回しか読んでいないのに、何回も何回も読んだのと同じことになり、
何回も読んだ結果が「よ~く考えてみたら、そんなに間違ってはいないな」と感じるんだと思います

だとすると、他人のブログを読んで脊髄反射でする批判は間違っているかもしれません
間違ってはいなくてもその批判は表面的な批判かもしれません

1本のブログだけで判断しない

もう一つ心がけているのは、1本のブログだけで筆者のことを判断しないようにすることです。

できればその筆者のブログを全部読んでから判断したいものです
全部と言わなくても20本は読んでから判断したいです

1本のブログを読んだときは「その考え方は賛成できないな」と感じても
他のブログを読むと「いいこと言うな」と思うことがあります

なので、1本のブログを読んでその筆者にレッテル貼りはしないようにしています

ブランドの本質

ところで、ファッションにしろなんにしろブランドというものがあります

ブランドの役割とはなんでしょう

ブランドの役割はいくつかあります。

・そのブランドを選択する安心感とか。

・ブランドを所有する優越感とかがあります(ハイブランドで顕著ですが)。

でも本質的なところは「らく」ということだと思います
ブランドがあったほうがらくだからです

もしブランドがなかったらどうなるでしょう。考えてみてください

その商品が良い商品かどうか判断するのに自分で調べなきゃいけません

スペックが高いのか低いのか、機能がいいか悪いか自分で調べなければならない。

調べるために、もしかしたら試験場に依頼して試験して確かめなければならないです

でもブランドで選べばそんなことはしなくて済みます
「このブランドなら大丈夫だろう」と自分で調べる必要はないのです「らく」です

これがブランドの本質だと思います

レッテル貼り

レッテル貼りも同じです「この人はこんな人間」と決めつけレッテルを貼れば、後は考えなくても済みます「らく」です

その人の行動をいちいち判断する必要はない、「こいつは馬鹿」「悪いやつ」とレッテル貼りしておけばらくです。

人はついレッテル貼りをしてしまいます。らくだからです

レッテル貼りが問題なのは、思考がそこで止まってしまうことです
そして他人にレッテル貼りしていると、自分がレッテル貼りされます

気を付けたいと思っています

以上「レッテル貼りを何故するのでしょう それはらくだからです」でした、ありがとうございました。

ボクの思いカテゴリの最新記事