ユーチューバーの月収と収益の仕組みを解説!

ユーチューバーの月収と収益の仕組みを解説!

youtube

HIKAKINの年俸は10億円とも言われています。月収で8000万くらいです。
ところでユーチューバーの収益の仕組みはどうなっているのでしょう
今日は、ユーチューバーの収益の仕組みを書いてみました

Advertisement

ユーチューバーの収益の仕組み

そもそもユーチュバーはどうやって稼いでいるのでしょう
ユーチューバーの収入は「広告収入」と「企業からの受託」になります
順番に説明しますね

広告収入

収入の仕組みは、ユーチューバーの動画の最初や途中に再生される広告動画を視聴者が見たら広告収入がユーチューバーに入ります

自分の動画に広告を表示させるには、まずyoutubeの審査に受かる必要があります
審査の条件は「過去12ヵ月間の総再生時間4000時間以上、チャンネル登録者数1000人以上」になります

youtubeの審査に受かると、自分の動画に広告を表示させることができます

youtube

広告には2種類あって、途中でスキップできる広告と、スキップ出来ず最後まで広告を見ないと動画が始まらない広告の2種類です

どちらの広告にするかはユーチューバー自身で選択することができます

実は視聴者が広告動画をスキップしたら、ユーチューバーにはお金が入りません

だとするとスキップ出来ない広告にしたほうがいいように思いますが、スキップできない広告は視聴者からすると、イライラして、その動画から離脱してしまう可能性があります

だから、まだそれほど人気がないユーチューバーはスキップできる広告を設定し、人気ユーチューバーはスキップできない広告を設定することが多いそうです

広告単価

広告単価は一律ではないので正確にはわかりません。
広告を最後まで見た人とスキップした人がいますので、とりあえず両方の人を合計した再生回数で見てみると
スキップできる広告の場合は再生回数☓0.1円と言われています

100万回再生されたら10万円になります

スキップできない広告の場合はスキップできる広告より単価は高いです

企業からの受託

もう一つのユーチューバーの収入が企業からの受託です

企業からの受託というのは企業からユーチューバーが「この商品をyoutubuで宣伝してください」と頼まれることです

例えば、スマホアプリを宣伝してくれと頼まれたユーチューバーはそのアプリの宣伝動画を作ってアップします

受け取る宣伝料は動画1本1万円ぐらいだそうです
有名ユーチューバーなら1本100万円くらいになる場合もあるようです

以上「ユーチューバーの月収と収益の仕組み」でした、ありがとうございました。

Advertisement

マーケティングカテゴリの最新記事