イノベーションの意味を教えてもらった人 ボクの人生を変えた人

イノベーションの意味を教えてもらった人 ボクの人生を変えた人

 

今日はボクの人生に大きな影響を与えた人の話をします

他人からすると「知らんがな」と言う話です
ご興味ない方はスキップしてください

人生に大きな影響を与えた人

みなさんは自分の人生に大きな影響を与えた人はいますか

ここで言う人生に大きな影響を与えた人とは、両親とか進路を決めた先生とか、そういう人ではないです。

もちろんこれらの人も人生に大きな影響を与えた人ですが、ここでボクが言っている人生に大きな影響を与えた人とは
「その人に出会わなくても何ごともなく人生を過ごしたと思う」
でも「その人と出会ったことで人間としての考え方が大きく変わった」
そういう人です
必ず出会えるとは限らない人です。むしろ出会えたのが奇跡と感じる人です

自分にはそんな人が二人います
今日はその中の一人についてお話します

自己紹介

最初に自己紹介します

ボクは電子工学科を卒業後、メーカーに入社しました。
会社では商品開発を行う商品開発部に配属されました

ところでエンジニアは30代半ばで岐路に立たされます
それは、開発設計のスペシャリストとして生きていくのか
ゼネラリストとして生きていくのかです

ボクはゼネラリストになりたいと思いました
その理由は、スペシャリストとしてやっていく知識と自信がなかったこともあります
そして実家が自営業という事もあったかと思うのですが、会社の経営に興味があったことが理由です

会社での定期面接で上司に「私は社長を目指します」と言って驚かれたことがあります

そうでしょうね従業員数が何万人という会社の、社長を目指すと言っちゃったから。
でもその上司は「そうか、がんばれ応援する」と言ってくれました
とてもうれしかったです

自分でもわかっていますよ。ビッグマウスでしょうね

人間は、自分と異なる発想の人に対して、「そうか、がんばれ応援する」という人と
「勝手な事を言うな、そんな事言われると困るんだよな」という人に分かれます
ボクは前者の人になりたいです

Aさんとの出会い

前置きが長くなってしまいました
ボクの人生を変えた人と出会ったのはゼネラリストを目指そうと思ったころでした
その人は中途入社で入ってきたAさんといいます。
自分より3歳ほど年上の人でした
その人は世界のさまざまなイノベーション理論や戦略論に詳しい人でした

商品企画

そのころボクは商品の企画をたてようとしていました

エンジニアのボクがたてる企画は「小型、高精度、高性能な商品」という物でした
自分では自信がありました。
「性能が良ければ売れる」という考え方でした

それに対してAさんは戦略論をベースにかっこいい企画をたててきました
戦略論なんて知らなかったボクは衝撃をうけました
「このひとすげえな」

戦略論

それからAさんと仲良くなって、Aさんが「これを読んだほうがいいよ」と勧めてくれた戦略論の本を片っ端から勉強しました
その勉強は自分の性格にもあっていたのでしょうね。
一日中戦略論の本を読んでいました。
出張中の電車で立っている間も、戦略論の本を読んでいました

Aさんから教えてもらった言葉で一番好きな言葉があります
イノベーションの父、シュンペーターの言葉です

『馬車をいくら連ねても列車にはならない』

イノベーションを起こすとはそういうことです

イノベーション研究

ボクは、イノベーションや戦略論をもっと勉強したいと思い、大学のイノベーション研究コースに2年間通いました。
平日の仕事が終わった後の夜のコースでした
たいへんだったけど、とても楽しかったです

Aさんとの出会いがボクの人生を変えました

Aさんと出会わなければ、普通のエンジニアとして人生を歩んでいたと思います

そのAさんはまた他の会社に転職していきました
なんだか転校生が来て仲良くなったけど、また転校していったみたいな感覚です

戦略論の限界

ここまでイノベーションだの戦略論だの話をしましたが
これらの古典的な戦略論は今の時代のマーケティングには合わなくなっています
古典戦略論だけで企画をたてるのは無理です
現代のマーケティングと使い分けをしたり、古典戦略論と新しいマーケティングとミックスをする必要があります

以上「イノベーションの意味を教えてもらった人 ボクの人生を変えた人」でした、ありがとうございました。

マーケティングカテゴリの最新記事