ラーダニーヴァの買取相場と故障情報

ラーダニーヴァの買取相場と故障情報

ラーダニーヴァ
ラーダニーヴァというロシアの四輪駆動車を新車で買いました。そこで買ってすぐ発生した故障について説明します

また、1年で手放した時の中古車買い取り価格について教えます

以前のブログでラーダニーヴァを買った話をしました。
ラーダニーヴァというロシアの四輪駆動車を新車で買いました。そこで日本人の常識はロシアには通用しないことがわかりました

その時に発生した故障について簡単に書きましたが、その内容についてもう少し詳しく聞きたいという声がありましたので書きたいと思います

また中古車として売ったときの買い取り査定価格について教えます

Advertisement

ラーダニーヴァとは

ラーダニーヴァ
ラーダ・ニーヴァはロシアの自動車メーカー・アフトヴァースがラーダブランドで

1977年から今日まで製造・販売を続けている四輪駆動のSUVである。

頑丈さと低価格によって、一時はカナダ、西ヨーロッパ諸国、南アメリカへも輸出され、そして日本でも1980年代から一時の中断期間を経て再度輸入されている。現在も販売しています

ラーダニーヴァを新車で購入

ボクは東京から長野に転勤になりました

そこで長野の冬を乗り切るために、4輪駆動車が欲しくなりました

4×4マガジンを読んでいたら、たまたま「ラーダニーヴァ」というロシアの4輪駆動車があることを知りました。

その性能とルックスにほれこみ、これを買おうと決めました

しかし、日本には正規代理店がありません。

横浜の自動車販売店が輸入していることがわかりました

直接横浜の販売店から買っても良かったのですが、長野からは遠いし、何かあったときに対応してほしいので長野の自動車修理工場みたいなところに注文しました

特に問題なくラーダニーヴァが納車されました

ラーダニーヴァの新車で発生した故障

新車で買いましたので、買ってすぐ発生した不具合にになります

ガソリンが漏れる

これは、やばいです

ガソリンが漏れる箇所ですが、ガソリンキャップのところから漏れます

普通に街中を走っている時はもれません。

街から外れて、ワインディングロードを走っていると漏れます

どうもタンク内のガソリンが大きく揺れると、ガソリンがガソリンキャップまで逆流して漏れるみたいです

普通のクルマはガソリンが揺れても逆流しないようになっていますが、ラーダニーヴァはそうなっていないようです

クルマを買った販売店に相談したら、改造で対応してくれました

ガソリンが揺れてもガソリンキャップまでガソリンがいかないように、途中でガソリンを一旦貯めるBOXがあります

今回はスバルのBOXをガソリンキャップとガソリンタンクの中間に取り付けてくれました

高速で100キロ出すと車体が壊れるかと思うぐらい振動する

高速で100キロ出すと車体が壊れるかと思うぐらい振動します

95キロまでは何ともないのに100キロになると振動し始めます、

だんだん振動が大ききなって、車体が壊れるのかとおもうくらい揺れます

スピードを80キロくらいまで落とすとおさまります

ホイルバランスが悪いのかと思ってクルマ屋に見てもらったら衝撃の回答が!

「車軸がタイヤの真ん中にないですね」

びっくりしてあきれました

どうしようもないですね。

でも今思うと、スペアのホイールや市販のホイールに交換すれば治ったかもしれません

長野から東京に戻りました

ちょうどこの時長野転勤から東京に戻りました

ラーダニーヴァと一緒に東京にもどりました

ちょうどラーダニーヴァを買って半年くらいした時でした

ラーダニーヴァの故障は東京に戻ってからも発生しました

ウインカーがつかない

ウインカーがつかない時があります

いつもつかないわけではありません。時々つかないのでなかなか故障個所を特定するのは難しかったです

どうもハンドルを切っている時にウインカーがつかないようです

故障の原因はハンドルシャフトとウインカーのリード線が接触していて、ハンドルを回すことでリード線の被覆が破れて

芯材が出てショートしてました。自分でテープを巻いて直しました。

しかしそもそも、シャフトとリード線が擦れるなんてどんな設計だよと思いました

エンジンオイルが漏れる

ドレインボルトやエンジン接合部からエンジンオイルがにじみます

修理困難だったのと、にじむくらいなら走行に支障はないのでそのままにしました

日本人の常識で考えてはいけないことがわかった

日本人の感覚だと、「不良や設計ミスがあっても次のロットや次の年式では対策する」と思っています

ラーダニーヴァは発売されてから20年経っています

だからボクは、不良があっても10年も経てば全て解決済と思って新車を買ったのに。。

そんな日本の常識はロシアには通用しませんでした

買って1年建っていませんでしたが、手放そうと思いました



ラーダニーヴァの中古車買い取り価格です

ラーダニーヴァは新車価格で200万円くらいだったと思います

それを1年で売りました

カーセンサーやクルマ買取会社に買取査定見積もりを依頼しました

その結果は「10万円!!」

え~~!!です

新車から1年で10万円になっちゃうの。安すぎる

複数の会社に査定してもらいましたがみんな10~15万円です

買い取り会社の人が言うには

「ロシアのクルマなんて扱ったことない」

「そしてロシアのクルマなんて買い手がつかない」

「でも新車なのでゼロはかわいそうなので10万円でどうですか?」

という流れでした

ボクがラーダニーヴァを買った長野の修理店も15万円の査定でした

ちょっと安すぎるなということで、個人売買で売ることにしました

価格の根拠はないのですが70万円で売り出したら、すぐ売れました

その方は上に書いた、今までの故障経歴は全て承知のうえで買ってくれました

まとめ

いろいろ故障は発生しましたが、修理可能な範囲の故障でしたので、

故障を修理すればもっと乗り続けることは可能だったと思います

今考えると1年で手放したのは早まったかなと思っています

それほど、魅力的なクルマでした

以上「ラーダニーヴァの故障内容のまとめ(ロシア製四駆)」でした。ありがとうございました。

【関連記事】ラーダニーヴァを買った時の記事を書きました
ラーダニーヴァというロシアの四輪駆動車を新車で買いました。そこで日本人の常識はロシアには通用しないことがわかりました

【関連記事】新車購入情報 おすすめの車 コンパクトカー9台 外車編(価格情報有り)

【関連記事】車の名前はなぜ日本と海外で違うの?

 

カテゴリの最新記事