水銀体温計が割れて水銀が流れ出たときの対処法

水銀体温計が割れて水銀が流れ出たときの対処法

水銀体温計
水銀体温計が割れて水銀が流れ出たときの対処法について書きます

2~3日前から熱があります

電子体温計を出してきたら電池切れしていました

そこで水銀体温計があったのでそれで測りました

脇にはさんだまま移動したら、体温計が脇からするりと床に落ちました

場所は玄関です

体温計は割れて中身の水銀が飛び散っています

銀色の玉がコロコロしています、蓮の葉の上の水滴のようにコロコロしています

Advertisement

水銀が回収できない

水銀は有害なことは知っていました

そこですぐに回収しようと、ティッシュペーパーでつまもうとしてもまったくつかめません

ティッシュを湿らせてやってみましたが全然だめです

ガムテープの粘着面でくっつけようとしましたがまったくつきません

うまくいった方法は小さな紙辺の上にもう一枚の紙で水銀を押しながらころころと乗せる方法です

これで、一つ一つ根気よく回収しました。小さな粒は他の粒と合体して大きくすると取りやすいです

これでほぼ全部回収できましたが、非常に微小な粒が何個か残っています、紙を使った方法だととれません

仕方ないので掃除機を使いましした

Advertisement

掃除機は使わないほうがいい

専門家の話によると、水銀を掃除機で吸うとその後掃除機を使うときに水銀蒸気が拡散する恐れがあるそうです

ボクの場合はわかっていましたが、玄関に微小な水銀を残したままにするより、掃除機でとってしまおうと思いました。

それは、水銀が非常に微小だったことと、掃除機にはゴミが半分ほど入っていたので水銀もゴミに紛れるかもしれないと思ったことと、

掃除機で吸ってすぐゴミといっしょに捨てようと思ったからです

掃除機を使ったらすぐにゴミを捨てて掃除機のダストボックスとノズルを水洗いしました

水銀はどのくらい有害なのだろう

そもそも水銀はどのくらい有害なのだろう?

公益財団法人 JPICの資料から一部引用します

1.概要
体温計に使用されている水銀は、金属水銀である。
体温計をこわした場合、こぼれた水銀を放っておくと気化し、その蒸気は毒性が高い。
ただし、通気性の良い室内であれば、吸入による中毒が起こることはほとんどない。

2.毒性
金属水銀(こぼれ出た直後の水銀)
毒性はほとんどない

水銀蒸気(水銀が蒸発した蒸気)
金属水銀は室温でも気化するため、吸入量によっては中毒症状が出現するが、通気性の良い室内であれば、体温計 1 本が破損して水銀が漏れ出る事故では、吸入による中毒はほとんど起こらないと考えられる。

3.症状
金属水銀:ほとんど症状は現れない
水銀蒸気:発熱、悪寒、呼吸困難、頭痛は数時間で発症
下痢、腹部痙攣、視力減退、肺水腫(呼吸困難、チアノーゼ)、まれに腎不全、肝不全、痙攣を生ず

その他
・体温計 1 本分の金属水銀を誤飲しても、ほとんど無毒なので異物と考えられ、
2~3 日後に便中に排泄
・飛び散った水銀をそのまま放置すると気化して蒸気となり、それを吸入した
場合、その毒性のために症状が出る可能性があるので、密閉容器に入れて戸
外に置くこと

まとめ

水銀体温計を割って水銀が出てしまったら紙辺などですくいとってすてること

水銀体温計の量であれば部屋の換気を良くすれば吸入による中毒はほとんど起こらないと考えられる

以上、水銀体温計が割れて水銀が流れ出たときの対処法  でした、ありがとうございました。

Advertisement

生活カテゴリの最新記事