ふるさと納税でamazonギフト券返礼品を申し込んでみた

ふるさと納税でamazonギフト券返礼品を申し込んでみた


ふるさと納税でamazonギフト券返礼品を申し込んでみたのでその様子を書いてみました

ふるさと納税サイト

ふるさと納税は、自力でその自治体に申し込むこともできますが、多くの人は「ふるさと納税サイト」を利用すると思います
ふるさと納税サイトの取扱自治体や返礼品はふるさと納税サイトによって大きく違ってきます
そんなふるさと納税サイトでも特徴的な返礼品をあつかっているのが「ふるなび」です
何が特徴的かと言うと「商品券」を多く取り扱っていることです
つまりふるさと納税の返礼品として商品券が戻ってくるということです

今回ボクは「ふるなび」でふるさと納税してみました
ふるさと納税の仕組みや申込み手順についてはこちらを御覧ください
ふるなび よくある質問

返礼品amazonギフト券

今回ボクがふるさと納税したのは「静岡県小山町」です
小山町の返礼品には「amazonギフト券」があります
25000円の寄付で10000円のamazonギフト券が、
20万円の寄付で8万円のamazonギフト券が返礼されます
還元率は40%です

Advertisement

小山町のページ

小山町のページには
「Amazonで静岡地域の特産品のショッピングをお楽しみください」
と記載され、アマゾンの「静岡県特産ページ」のURLが記載されています

クレジットカード

納税(寄付)はクレジットカードが使えるので支払いはネットで完結しました
また「ワンストップ特例制度」というのを利用すれば、自分で確定申告する必要がありません。便利です

総務省の発表

総務省は12月27日に発表した「ふるさと納税に係る返礼品の送付状況について」で、

ふるさと納税で返礼割合が実質3割を超える自治体が52、また地場産品以外の返礼品を11月1日時点で送っている自治体は100と前回調査より大幅に増加する結果となった。

同省は、新たにギフト券の返礼品や期間限定のポイント付与などについても言及。Amazonギフトポイントなど「あらゆる商品の購入に使用可能なものであれば、地場産品に該当しない」としており、各自治体やふるさと納税のポータルサイトなどに自粛を求める形だ。

静岡県小山町の動き

総務省の指導をうけたからかはわかりませんが、静岡県小山町は「小山町のふるさと納税の受付を、今後の準備のため平成31年1月1日から当面の間、中止いたします。ポータルサイト、電話受付など、すべての受付を中止いたします。」と発表しています

以上になります。それでは、ありがとうございました。

Advertisement

生活カテゴリの最新記事