「日本を変えた千の技術博」の見どころを紹介します

「日本を変えた千の技術博」の見どころを紹介します

「日本を変えた千の技術博」の見どころを紹介します

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

会期
2018年10月30日(火)〜2019年3月3日(日)
会場
国立科学博物館(東京・上野公園)

開館時間
午前9時〜午後5時
<金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は午後8時まで>
休館日
毎週月曜日、12月28日(金)〜1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)
<ただし、12月24日(月)、1月14日(月)、2月11日(月)、2月25日(月)は開館>
主催
国立科学博物館、日本経済新聞社、BSテレビ東京(順不同)
入場料(税込)
一般・大学生 1,600円
小・中・高校生 600円

興味をひいた展示物


コスモスポーツ

 

 


報道のニコンの象徴的カメラですね

 

 


本体もさることながら、ヘッドホンが小型軽量だったことに驚きました

 


初代アイボですね。当時本気で買おうと思っていました

開催も2019年3月までやっていますから、みなさんも是非行ってみてください

以上になります。それでは、ありがとうございました。
もしよろしければ下のボタンでシェアお願いします

マーケティングカテゴリの最新記事