その仕事は何のためにやってるんですか

その仕事は何のためにやってるんですか


ボクはメーカーの商品開発部エンジニア、商品企画部をやったあと今は知的財産部にいます。いわゆる特許部というやつです
ところでメーカーの商品開発部のエンジニアは何のために仕事をしているのでしょうか?
それは「お客様が喜ぶ製品を開発するため」です

ではメーカーの知的財産部の社員は何のために仕事をしているのでしょか
「特許庁に特許を出願して特許をとるためでしょうか」
違いますそれは手段です。目的ではありません
今日はそんな知的財産部の仕事の話を書きます

何のために特許をとるのか

よくテレビとかでも、「特許で自社の製品を守る」という話がドラマの中で出てきますね
「下町ロケット」とかですね
「特許で守る」というのは言い換えると「特許の力で他社に同じ製品を作らせない」ということです
「特許の力で製品を独占する」ということです

これは特許の役割としてはわかりやすい役割です
しかし、世の中そう簡単ではありません
実は、1件の特許で商品を独占できるのは、医薬品など限られた分野だけです
多くの分野では、自分の特許だけで市場を独占するのは困難です
特に、家電やオーディオ、カメラなどのエレクトロニクス分野では自社特許だけで市場を独占するのは無理です
ひとつの製品には何十件何百件の特許が使われています
メーカーは億円という単位の特許費用を使います
なぜそんなにお金を使うのでしょうか?
これらを踏まえてメーカーの知的財産部の社員は何のために仕事をしているのかという話をします

知的財産部の社員は何のために仕事をしているのか

他社の特許を使えるようにする

お客様が喜ぶ商品にするには他社の特許も使ったほうがいい商品ができます
でも黙って他社の特許を使ったらそれは特許法違反、法律違反です
これは他社側から見ても同じことが言えます。
他社もいい商品を開発するのはうちの特許を使いたいと思っています

この話のポイントは「他社もうちの特許を使いたいと思っている」というところです
「他社がうちの特許なんてカスなので使いたくない」と思ったらこの話は成り立ちません

そうです知的財産部員は他社から使いたいと思われるいい特許を作って、その結果他社の特許を使えるようにするのが仕事です

ゴルフ会員権理論

今度は少し違う視点で特許の役割を見てみますね

エレクトロニクス分野だけではありませんが、複数のメーカーが力を出し合って協力して商品を作り上げる場合があります
それを「コンソーシアム」といいます
標準規格を制定して、それにそって商品を製造しますが、1社ではお客様は不便です。
たくさんの異なるメーカーが同じ規格の商品を発売するから、お客様はどこでも買えるし、価格も下がるのです。それがお客様に喜んでもらうことにつながります

コンソーシアム内の仲間の間では互いに特許を無償または有償で使うことができます
そうコンソーシアムの仲間に入りたいと思った時、特許が重要になります
自社で特許を持っていなければ仲間に入れません
これをゴルフ会員権理論と言います
ゴルフ会員権を持っていない人はゴルフ場に入ることもできません
ゴルフ場に入ってから、いかにすばらしいプレーをするかはその後の問題です
ゴルフ場に入れなければ話になりません
知的財産部員はゴルフ会員権を獲得するのが仕事です

以上によっていい商品を造ってお客様に喜んでもらうのが知的財産部員の仕事です

以上になります。それでは、ありがとうございました。
もしよろしければ下のボタンでシェアお願いします

商品開発カテゴリの最新記事