プロの条件は変わってくると思う

プロの条件は変わってくると思う

プロという職業人の条件は変わってくると思います
今日はそんなことを書きました

ユナイテッドアローズに行きました。

昨日、立川の【UNITED ARROWS】ユナイテッドアローズに行きました。
特に買うものはなかったのですがのぞいてみました

ユナイテッドアローズとは

洋服のセレクトショップです。
元ビームスの重松理さんがビームスの人間を引き連れて独立したセレクトショップです
そのためかビームスとアローズは店舗の雰囲気も少し似ています
ボクはアローズに入ったのにビームスだと勘違いするときもあります

特に買うものはなかったのですが、台に平置きされたソックスが気に入りました
そこで、他の色は何があるか店員さんに聞きました
すると店員さんは、スマホでソックスのタグのバーコードを読み取ります
そして「何色と何色と何色があります」と答えてくれました
そして在庫を出してきてくれました

優秀な店員とは

今までの優秀な店員像は
お店の中の商品全てのサイズバリエーションやカラーバリーションを覚えており
お客様から質問があったら即答えることができる
それができるようになるには長い時間が必要になる
というものでした
一言で言うとどれだけ商品情報を覚えているか
ということです

しかし、今では商品情報は全てデーターベースに入っていて店員はそれを引き出すだけになってきています
そうなると、商品情報を記憶していることの優位性はなくなってしまいます

未来の店員さん

未来の店員さんは商品情報の提供よりも、スタイリストとかファッションアドバイザーみたいな役割が重要になってくるのかな。と素人考えで思っています

もっと未来の店員さん

スタイリストとかファッションアドバイザーも「AI」が取って代わるかもしれません
でもAIだからといって、「おすすめのコーディネート」をタブレット画面でお客さんに提示しても、お客さんとしてはなんだかいやですね。少なくともボクはいやです
やっぱり、人間の店員さんからアドバイスしてほしいな

もっともっと未来の店員さん

おそらく、FMD(フェイスマウントディスプレイ)やそれに近いデバイスが普及して、店員さん全員が装着する時代がくると思っています

そこに映し出されるAI情報を見ながら、自分の考えも加えてお客さんにアドバイスする時代になると思っています

今日は洋服ショップの店員さんの話をしましたが他の職業も同様だと思います

関連情報:サッカーの応援の形も変わるかもしれない

以上になります。それでは、ありがとうございました。
もしよろしければ下のボタンでシェアお願いします

ファッションカテゴリの最新記事