映画『響 -HIBIKI-』感想とそこから思ったこと アイドル映画ではない

映画『響 -HIBIKI-』感想とそこから思ったこと アイドル映画ではない

少し前に、映画『響-HIBIKI-』を観てきました


今日はその映画の中で感じたことがあったのでそのことを書きます

『響 -HIBIKI-』

主演は欅坂46の平手友梨奈 です。ボクはアイドルはあまり知らないので平手さんに対して先入観なしに観ることができました
また原作漫画の『響 〜小説家になる方法〜』も読んだことないのでこちらも先入観なしに観ることができました
観た感想は全然アイドル映画ではなかったです。
後のインタビューで平手さんは言っています「演技をしているという感覚はないです」

ところでなぜこの映画を観たかと言うとそれは偶然です
実はこの日 人生で最大の失敗をしたのです
前にも話しましたが、先に大阪に行っている妻と大阪で待ち合わせてUSJに行く約束を、寝坊してすっぽかしてしまったのです
それで、なにか気分転換しようと思って、近所の映画館でやってる映画を探して見に行ったのです
(その時の失敗のことを書いたブログがこちら:信用は一瞬で失います、でも少しずつ失っていく信用もあります

映画『響-HIBIKI-』のストーリー
出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。
一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく

ボクが一番印象に残ったシーン


挫折した売れない小説家 山本春平(小栗旬)が思いつめて、踏切の遮断機に手をかける。
そこへ響(平手友梨奈)が現れる(響きは山本春平の小説をおもしろいと思っている)

響は言う「私も小説書いてる」
小栗「子供の作文と一緒にしないでくれ!」

それに対して響きはこ言うのです
『売れないとか駄作とかだから死ぬとか ひとがおもしろいと思った小説に、作者の分際で何ケチつけてるの』

小説家だけじゃないと思います
例えば役者。その役者の舞台を見て「そのお芝居がすばらしい」と感じた観客が一人でもいるならば、役者が勝手に「この芝居は良くなかったとかダメだったとか」役者の分際で言うなということです

ボクも思います

ボクも思います。ボクのことを好きだと言ってくれる人がひとりでもいるならば、「その人のために全力でがんばる」そう思っています

関連記事:信用は一瞬で失います、でも少しずつ失っていく信用もあります

以上になります。それでは、ありがとうございました。
もしよろしければ下のボタンでシェアしてください

 

ボクの思いカテゴリの最新記事