任天堂 著作権 ガイドラインに考える著作権法という法律

任天堂 著作権 ガイドラインに考える著作権法という法律

任天堂は11月29日、自社著作物に関する利用ガイドラインを発表しました。ガイドラインを適切に守り投稿した動画や静止画であれば著作権侵害を主張しないというもので、これまでグレーゾーンとされてきたゲームの実況動画なども認める内容になっています

ネットワークサービスにおける
任天堂の著作物の利用に関するガイドライン
2018年11月29日

任天堂は当社が創造するゲームやキャラクター、世界観に対して、お客様が真摯に情熱をもって向かい合っていただけることに感謝し、その体験が広く共有されることを応援したいと考えております。

任天堂は、個人であるお客様が、任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショット(以下「任天堂のゲーム著作物」といいます)を利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張いたしません。ただし、その投稿に際しては、このガイドラインに従っていただく必要があります。あらかじめご了承ください。

個人であるお客様は、任天堂のゲーム著作物を利用した動画や静止画等を、営利を目的としない場合に限り、投稿することができます。ただし、別途指定するシステムによるときは、投稿を収益化することができます。
お客様は、正式な発売日またはサービス開始日を迎えた任天堂のゲーム著作物を、投稿に利用することができます。正式な発売日またはサービス開始日を迎えていないものに関しては、任天堂が公式に公開した任天堂のゲーム著作物のみを投稿に利用することができます。
投稿に任天堂以外の第三者が有する知的財産権が利用されている場合、このガイドラインとは別に、その知的財産権の権利者から許諾を得る必要があります。
任天堂は、Nintendo Switchのキャプチャーボタン等の機能を利用する場合を除いて、お客様ご自身の創作性やコメントが含まれた動画や静止画が投稿されることを期待しております。お客様の創作性やコメントが含まれない投稿や任天堂のゲーム著作物のコピーに過ぎない投稿はご遠慮ください。
お客様が事実に反して、任天堂や任天堂の関係者から、協賛や提携を受けているようなことを示唆したり、誤信させたりしないでください。
任天堂は、違法または不適切な投稿や公序良俗に反する投稿、このガイドラインに従わない投稿に対して、法的措置を講じる権利を保持しています。

著作権という法律

著作権という法律は、経済活動に密着した法律と言われています

著作権以外の法律も経済活動などを円滑に循環させるためにありますが、そのフットワークは著作権法に及びません
それに比較して著作権法は、経済活動を的確にフォローしている法律と言えます

親告罪

もう一つ著作権法の特徴は「親告罪」ということです。これは著作権者が訴えてはじめて罪が成立します

先日ボクはノジマステラが開催した写真教室において、ボクが撮影した写真が「最優秀賞」を獲得しました
この写真の著作権者はボクです

さてこの写真をノジマが勝手にネットや公衆の場に掲載したとしたらどうなるでしょう
ボクがノジマを「著作権侵害」で訴えると思いますか?
ボクはそんなことしません。それどころか「掲載してくれてうれし~い」となります

これが著作権の非親告罪問題です
もし著作権が完全な非親告罪だったらどうでしょう。警察が勝手に「サンタクの写真の著作権侵害だ」とノジマをとりしまることができます
それは変ですよね

法律が目指すところ

あるセミナーに参加したときの法律学者の先生の言葉です
法律は人々の活動を予測して先回りして立法するのは良くない
法律はルールでありルールが先回りしすぎると人々の活動を制限しすぎるからです

一番にいい法律は「人々の活動の後ろにぴったりくっついてきて、何かあったら遅れずに立法する」ことです

それは著作権法にも言えます

以上になります。それでは、ありがとうございました。

もしよろしければ下のボタンでシェアしてください

商品開発カテゴリの最新記事