望遠レンズを買いました 大きいレンズと小さいレンズはどっちがいいのか

望遠レンズを買いました 大きいレンズと小さいレンズはどっちがいいのか

「あれ、思ってたイメージと違うぞ」
新しく買った交換レンズの箱をあけて思いました

新しい交換レンズを買いました

ボディーはオリンパスのE-M1です
買ったレンズはズームレンズで、テレ端が35mm換算600mmのレンズです
サッカーの試合を撮るのに買いました

今まで持っていたレンズで一番焦点距離が長いのが、35mm換算300mmでした
これではサッカー写真は少しきびしいです

現物は見ずにネットの評価とかを見て注文しました
注文してから4日で手元に届きました
箱をあけて一番最初に思った感想です
「あれ、思ってたイメージと違うぞ」
「思ったより小さいな」
です

レンズは大きいほうがえらい?

スポーツ写真のプロカメラマンが使っているカメラとレンズはこんな感じです

デカいですね。重たいですね。
でもカッコイイですね。なんかえらそうですね。

ボクが買ったカメラは小型設計のレンズです
携帯性に優れたレンズと言えます

でもデカいレンズとくらべると
かっこいい感がうすいです

なんででしょう、小型軽量よりデカいレンズのほうがえらそうです

この感覚は複雑です

自動車の場合

自動車も小さいクルマより大きいクルマのほうが高級という感覚がありますよね
ほんとうは小さくて高級なクルマもあります
でも「同じ値段だったら大きいクルマのほうがいい」という感覚はあります
こういうレンズやクルマに感ずる「大きいほうがえらい感」はなんでしょう
上手く説明できませんが。。。

突き詰めると「マウンティング」に近い感覚なのかもしれません
「オレのほうが強いんだぞ」という感覚です

そういう感覚があるならば、逆に「小さくても強い」というのはかっこいいなと思います

以上になります。それでは、ありがとうございました。

もしよろしければ下のボタンでシェアしてください

写真カメラカテゴリの最新記事