ブログを書くことは楽しい その理由

ブログを書くことは楽しい その理由

先週、ボクは自分のブログについての記事を書きました
その記事の中で重要なことをお伝えするのを忘れていましたので今日はそのことについて書きます

先週の記事「ブログは毎日更新したほうがいいのか」

先週の記事はこれです:ブログは毎日更新したほうがいいのか
その記事の内容をまとめるとこんな内容でした
ブログを書くようになって夫婦の会話が減った
→家に帰ったらずっとブログを書いているので夫婦の会話が減った。何とかしたい

ブログは書き貯めしたいが毎日のブログを書くのに精いっぱい
→サッカー遠征の時とかは書き貯めするが、いつもはなかなか書き貯める余裕がない

なぜブログを毎日書くのか
→ある方と「ブログを毎日書く」と約束した

と言った内容でした
つまり「オレは絶対ブログを書き続ける」という内容です

ブログを書くのは好き

上の記事で書き忘れたことがあります。
それは「ボクはブログを書くのは好き・ブログを書くのは楽しい」ということです
「オレは絶対ブログを書き続ける」のですが、いやいややっているとか、苦しくて苦しくてしかたないけどブログを書いている とかそういうのはないです
ブログを毎日書くのは楽しいのです

ブログを書くのは「楽」ではありませんでも「楽しい」です
それはどういう精神状態かなのですが
サッカー選手に例えます

サッカー選手の毎日の練習って、決してラクではないですよね。
吐きそうになるまで走ったり、ボールを蹴ったりします
でもサッカー選手は、サッカーが好きだ、楽しいといいます
ボクがブログを書くのが好きなのはこれと似ています
ブログを書くのはラクではないけど楽しいし好き。

サッカーでも、人にやれと言われていやいややっているサッカー選手もいます
中高の部活サッカーではよくあることです。この場合はサッカーが楽しいとは思いません。サッカーはつらいと思っています
ブログもいやいややっているのであれば、つらいだけだと思います。やめたほうがいいと思います

ではブログを書くのがが楽しい、好きだと思う理由を以下に書きます

ブログを通じてリアルにつながる人がいる

今シーズンはサッカースタジアムで「サンタクさんですよね」「ブログ読んでます」と何人もの初対面の人に声を掛けられました(ボクはブログやSNSに顔写真を出しています)
すごくうれしかったです

また「ツイッターはやってないけど、サンタクさんのブログは読んでます」という人もいます。これは比較的年配の方に多いです
SNSだけでは伝わらない層があります。その層にもブログなら届いています

ボクに賛同してくれる人が増える

ボクのブログを通じてボクのことを好きだと言ってくれる人が増えました。
とてもうれしいです。

でも、ボクのブログに対して「オレにケンカ売ってんのか」と脅してきた人もいます

でもそう言ってくる人の何十倍の人が「サンタクさんのブログ良かった」と言ってくれます
ありがたいです
ボクはボクの事を好きだと言ってくれる人を大切に、その人たちが喜ぶ記事を書いていきたいと思います
そして新たにサンタクとノジマステラに興味持ってもらえる人が増えるように記事を書いていきたいと思います

関連記事:ブログは毎日更新したほうがいいのか

以上になります。それでは、ありがとうございました。

ブログSNSカテゴリの最新記事