コンパクトカメラって何ですか そう言われる時代ももうすぐです

コンパクトカメラって何ですか そう言われる時代ももうすぐです


「コンパクトカメラって何ですか」若い人にそう言われる時代ももうすぐです

MMD 研究所と日本フォトイメージング協会が共同で調査した「スマートフォンでの写真撮影・プリントに関するユーザー調査」が発表されました
今日はそれを二次使用してカメラのことについてしゃべりたいと思います

写真撮影できる端末の所有率

15歳から69歳の男女(n=2,178)に写真撮影できる端末の所有に関して聞いたところ、「コンパクトデジタルカメラ」が最も多く55.9%、次いで「iPhone」が55.7%、「スマートフォン(Android他)」が32.3%と続いた。

所有している端末は「コンパクトデジタルカメラ」が1位なんですね
おや、このブログのタイトルと違うな、と思いますよね、でもそのなぞは次にとけます

週1回以上写真を撮っている端末

それぞれの端末所有者に対して、週1回以上写真を撮っている端末を聞いたところ、「iPhone」が65.9%で最も多く、次いで「スマートフォン(Android他)」が42.5%、「タブレット」が26.1%と続いた。所有率が最も高いコンパクトデジタルカメラの利用率は12.7%と今回聞いた撮影端末の中では最も低い割合であった。

1位はiPhoneです。これは予想どおりですね。そしてコンパクトデジタルカメラは最下位です
フィルムカメラより使われていません
つまり、みんな「コンパクトデジカメは持っている、でも使ってない」「家で眠っている」ということです
確かにボクもコンパクトデジカメは持っています。でも全く使っていません。コンパクトデジカメは引き出しに入ったままです

スマホで週1回以上写真を撮っている割合を性年代別

スマートフォン(iPhone、Android他)ユーザーにフォーカスをあて、週1回以上写真を撮っている割合を性年代別で見ると、10代女性のiPhoneユーザーの割合は91.8%となり、他の属性と比べても高い割合であることが明らかになった。

10代女性の91%は高い数字ですが、同じ10代でも男性は60%台と意外と低いのも面白いです。ちなみにこれは30代男性とほぼ同じですね
ここはスマホメーカーは何かヒントになるかもしれませんね

半年に1回以上写真を撮影するデバイス

ちなみに、半年に1回以上写真を撮影するデバイスに関して聞いたところ、「デジタル、ミラーレス一眼レフカメラ」の順位が上がり、スマートフォン(iPhone、Android他)に次いで、3位となった。

「半年に1回以上写真を撮影する」という設問になると、一眼カメラが3位に上がってきました
数字的にはandroidスマホに迫ってきています
結構な割合で一眼カメラが使われているなと思いました

以上になります。気になった調査がありましたらまたご紹介します
それでは、ありがとうございました。

写真カメラカテゴリの最新記事