皇后杯予選 神奈川大女子サッカー部対慶應ソッカー部女子に行ってきました

皇后杯予選 神奈川大女子サッカー部対慶應ソッカー部女子に行ってきました

昨日の2018/9/22に第40回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選
に行ってきました

会場は駒沢オリンピック公園総合運動場第補助競技場です

スタンドはありませんが、ベンチと段差があって座りやすいです
それから先週の清瀬と違ってネットがないのでとても見やすいです

皇后杯出場条件

今日は準々決勝8チームが戦いました
1~7位までが関東代表として皇后杯に出場できます
なので今日勝ったチームは自動的に皇后杯出場が決定です
負けたチームは5決に進みます
そこで負けたら7,8位決定戦に進みます。
そこで勝ったら7位として皇后杯出場決定、負けたら出ることができません
なので今日の各チームは皇后杯出場を決めようと全力で戦ってきました

神奈川大学体育会女子サッカー部対慶應義塾体育会ソッカー部女子

スタメン


先週の試合は#23山本選手の1トップの形でしたが、今日は勝木、山本の2トップです
慶應はセンターフォワードとセンターバックに長身の#23山本選手と#16加藤選手を配置します。教科書のような布陣です

試合展開

試合序盤から慶應がおしています。しかし先に得点したのは神大でした


神大のCKのボールはそのままゴールに向かう。キーパーが触りましたがその前に直接ゴールです


CKから慶應-#16加藤選手のヘッドで1点を返して1-2
加藤選手は山本選手と並んで長身の選手です


神大の選手が挨拶にきてくれました

これで神大は皇后杯出場決定です
おめでとうございます

以上になります。それでは、ありがとうございました。

関連記事:女子サッカー皇后杯関東地区予選に行ってきました 慶應ソッカー部 神奈川大学 十文字VENTUS 栃木SC

サッカーカテゴリの最新記事