セールスプロモーションは20%OFFより20%UPのほうが売れる! サッカーの集客にも応用できると思います

セールスプロモーションは20%OFFより20%UPのほうが売れる! サッカーの集客にも応用できると思います

セールスプロモーションを考える出来事があったのでそのことについて書きます
サッカーの集客にも応用できると思います

折り込みチラシ

先週末、妻が新聞の折り込みチラシをみつけました
それは、近所の洋服買取店の広告でした
「買取価格20%UP」と書いてありました
妻は「買取価格が20%UPになるなら出してみようかな」とノリノリです
洋服ダンスから着ていない洋服を20点ほど出してきました
この洋服を買取店までもっていくのはボクの役目みたいです
早速クルマに積み込んで買取店にもっていきました
そして、30分後に査定がでました
全部で5000円でした。値段がつかなくて1円の物もあったので、買い取り額としてはいいと思います

20%OFFより20%UPのほうが魅力的

今回、買い取り店にもっていこうと思ったきっかけは「買取額20%UP」というセールスプロモーションにひかれたからです

ここで考えてみました
例えば洋服を買いに行ったときに「20%OFF」だったら洋服を買いたいという気になりますか
ボクはあまり、そういう気になりません
何故なら、洋服って3万円のものが、1万円や5千円になっていることはざらなので、20%OFFでは触手が動きません
20%OFFくらいだったらそれよりはプロパー価格で色やサイズが豊富な中から選んだほうがいいです

でも洋服の買取価格が20%UPといわれると、なにかお得な気がします
不思議ですね

サッカーの集客で考えてみる

サッカーの集客で考えてみましょう

20%OFF

「サッカーチケット20%OFF」でお客さんが集まると思いますか
効果は小さいでしょうね。

20%UP

では、20%UPです
「前回の試合より得点を20%UPします」
「前回の試合よりシュート本数を20%UPします」
「いつもの試合よりはらはらドキドキを20%UPします」
そう言われると、試合に行ってみようかなという気になります
ボクはなります
このほかにもサッカーの20%UPアイディアはあると思います

まとめると

まとめるとサッカーに限らず、割り引きと言われるよりは割り増しと言われるほうがお得感を感じます

以上になります。それでは、ありがとうございました。

関連記事:価格の決め方その方法 価格設定で失敗した話

マーケティングカテゴリの最新記事