世の中にはググってもわからないことはある 当たり前だけど忘れていること

世の中にはググってもわからないことはある 当たり前だけど忘れていること

世の中にはググってもわからないことはある 当たり前だけど忘れていること
そんなことを書きます

ところで
SNSと違ってブログは自分の意志で見に行くものです、なので気に食わなければ見に行かなければいいです

激痛が

「イテ~!!」ふくらはぎに激痛が走りました
会社からの帰り道、歩いている途中です
ズボンの上から押さえると何かいます
激痛に耐えながらズボンの裾をめくり上げると「ハチ」
急いで、手で振り払いましたが、針が皮膚に残っています。
その針をとって、刺された個所を搾り取るように毒を出しました

どうもズボンのすそからハチがはいったようです
幸いスズメバチではなく小型のハチでした
どういう種類のハチかはわかりませんでした
激痛の足を引きずるように家に帰りました

ハチに刺されたあとはどうすればいいのだろう

さて、ハチに刺されたあとはどうすればいいのだろう
ググりました
情報がありすぎです
代表的な情報を引用します

蜂刺症(はちししょう)とは、ハチに刺され、ハチの持っている毒による痛みや腫れ、結合組織破壊、血圧降下、細胞膜透過性亢進などさまざまな症状が起こることです。
重症化するとアナフィラキシーショックを引き起こし、死に至ることもあります。

処置を行い、安静にします。20〜30分ほど様子を見て、異常がないようならひとまずは安心です。途中で様子が少しでもおかしいと思ったら、直ちに医療機関に受診してください。

ハチにさされたらすぐに救急車を呼びましょう

情報はもっとあったのですが、情報がありすぎて何が何だか分からなくなってきました
死に至るとかすぐ救急車を呼べとか書いてあると不安になりますよね

妻は「病院に行け」というが、とりあえず上記のように「20〜30分ほど様子を見て、異常がないようならひとまずは安心」という対応をすることにしました

30分たっても、全身症状は見られないので、再度患部を洗って、氷で冷やし続けると痛みが和らいできました

ググってもわからない

ググってもわからないというのは、一般的にはググってもヒットしないという場合ですが
情報と言うのは、ありすぎてもわからなくなりますね
今回の場合は医療系の方、消防系の方、昆虫学者系の方、林業の方、全くの素人とか、たくさんの情報があります。その中から最良の情報を得るには、検索リテラシーと情報の判断能力も重要になってきます
結構難しいですね

以上世の中にはググってもわからないことはあるというお話でした

それでは、ありがとうございました。

ブログSNSカテゴリの最新記事