メンズクラブという雑誌に載りました 大昔です。アメフトの帰りでした

メンズクラブという雑誌に載りました 大昔です。アメフトの帰りでした

おとといノジマ相模原ライズのアメフトの試合を見に行きました
それで思い出したことがあります
ボクがアメフトを好きになったきっかけになった試合です
それから雑誌に載ったことです

ミラージュボール

ボクがアメフトを見始めたのは30年くらい前です
一番大きな試合は「ミラージュボール」です
古いですね。古い人は知ってるかな。
三菱自動車のミラージュの名を冠したゲームでした
会場は国立競技場です
満員に近い観客でした。ウェーブという応援のしかたを覚えたのもミラージュボールでした
その後「コカ・コーラボール」と名を変えましたが、いつのまにかなくなりました

妻との思い出

ミラージュボールは当時付き合っていた結婚前の妻と行きました
そこでの思い出があります
メンズクラブという雑誌に「街のアイビーリーガーズ」という企画があります
街中のトラッドやアイビーファッションの人たちを写真にとってその中から選りすぐりの写真を雑誌に掲載するというものです

カメラマンも街中をやみくもに歩いてもいい写真は撮れません
そこで、実際は「来月はここにカメラマンが行きますよ」という告知がされます
そこに、アイビー好きの男女が集まります
でもあくまで「街中のスナップ写真」を大前提にしているので、どこかにみんな集まってそこにカメラマンが行くのではないです
カメラマンは移動しながらそれらしき人が歩いていたら写真を撮る形になります
ボクは、何回かその場所に行ったことがあります
でもカメラマンに会えなかったり、会えても写真を撮ってくれなかったり
でもある時カメラマンから写真を撮られたことがあります
でも残念ながら雑誌には掲載されませんでした

ドラッド好きアイビー好きの間では「街のアイビーリーガーズ」に掲載されるのは大きな自慢でした
インスタとか無い時代ですから、全国区で知られるのは雑誌しかありませんでした

ミラージュボールの帰りに

さて話を戻すと
「街のアイビーリーガーズ」のカメラマンがミラージュボールに来たのです
試合が終わって彼女と2人でスタンドを出たところで、カメラマンにつかまりました
2人の写真を撮られました
そのころは、ヘビーデューティーなアメカジが流行していました
2人のファッションは、トラッドをベースにヘビーデューティーを混ぜたファッションでした
足元は、ボクはワークブーツ、彼女はバックスキンのブーツを履いていました
バッグはLLビーンのトートバッグです。バッグの中には、ペンドルトンのチェックのウール膝掛と、アラジンの保温ポットが入っています

カメラマンにとられた写真はうれしいことにメンズクラブ誌に掲載されました
うれしかったです
2人が付き合ってることを雑誌で知った人もいました

後日談

この話には後日談があります
彼女との結婚の日、結婚式の2次会がありました。
そこであるものをプレゼントされました
男の友達がモデルだったのでメンズクラブの編集者と知り合いだったらしく、メンズクラブに載った2人の写真を大きくプリントしたものを額に入れてプレゼントしてくれました
思いがけないプレゼントに、ボクも妻も感動しました
ほんとうにうれしかったです

以上になります。それでは、ありがとうございました。

ファッションカテゴリの最新記事