全録レコーダー比較 全番組24時間録画する全録レコーダーがほしい

全録レコーダー比較 全番組24時間録画する全録レコーダーがほしい


先日のなでしこジャパン対ベトナムの試合を録画予約するのを忘れてしまいました(泣)
そこでそうならないような対策を考えました

なぜ録画予約を忘れるのか

サッカーの試合などはかなり前から日程が決まってますから、その時点でテレビ録画予約をしようと思うのですが、番組表から予約できるのは1週間先までしか予約できなくて、それ以上先は予約できません。
仕方ないので「1週間前になったら予約しよう」と思うのですが、そのまま忘れているパターンが多いのです
なんとか対策したいと思いました

自動録画レコーダー

キーワードやジャンルを設定しておけば、それに関連する番組を自動録画してくれるレコーダーが存在します
サッカーの試合などは録画されますが、例えばサッカー選手がニュースに出たとか、バラエティに出たとかいうのは拾ってくれない可能性があります

全録レコーダー

世の中には全番組を24時間、1か月録画し続けるレコーダーがあります
このレコーダーであれば、録画予約しなくても後からどんな番組でも見返すことができます

ボクは自動録画ではなく全録レコーダーに魅力を感じたので全録レコーダーにはどんなものがあるか調べてみました

実は何年か前にも全録レコーダーを買おうかなと思ったことがありました
その時は、とても高価で断念した記憶があります

対象メーカー

全録レコーダーの2強はパナソニックと東芝です
今日は、この2社で今年の5月と6月に出た最新機種5機種を検討します

比較表

価格


数年前は10万円以上でしたが、5万円台まで下がっています

ハードディスク容量等


HDD容量は2~7TBです。容量が大きくなるほど価格が高いです

外付けハードディスクと全録できるチャンネル数


内臓HDDに加えて後からUSB-HDDが増設できます。
全録できるチャンネル数は6~10チャンネルです(そのうち外付けHDDに割り当てできるチャンネルは機種によって違います)

スマホで観る


外出先のスマホから、放送中の番組が見れたり録画しておいた番組が見れたりします。これは魅力的な仕様ですね

全録できる日数

パナソニック

「DMR-UBX7050」が最大10チャンネル×28日間(10チャンネルのうち、BS/110度CSは最大5チャンネルまで選択可能)。「DMR-UBX4050」が最大6チャンネル×28日間、「DMR-BRX2050」が最大6チャンネル×16日間(「UBX4050/BRX2050」は、6チャンネルのうち、BS/110度CSは最大5チャンネルまで選択可能)。

東芝

DBR-M2008が最大7チャンネル×6.5日。 DBR-M4008が最大7チャンネル×13.5日。

なお、パナソニックも東芝も画質モードを高画質にすると録画日数は短くなります

どれがいいか

全録のいいところは「録画予約忘れた」に対応できるだけでなく、「えっ、そんな番組あったの」と後で気づくことにも対応できるのがいいところだと思うので、録画日数は1ヶ月くらいはほしい
そうするとパナソニックの2機種に絞られる。全録チャンネルが10チャンネル欲しい場合はパナソニックDMR-UBX7050、6チャンネルでよければパナソニックDMR-UBX4050をお勧めしますHDD容量は外付けHDDの増設で対応できるかなと思います

録画日数は半月でいいよという方は5万円台のパナソニックDMR-BRX2050をおすすめします

以上になります。それでは、ありがとうございました。

マーケティングカテゴリの最新記事