初級編ビットコインの仕組を解説します

初級編ビットコインの仕組を解説します


仕事で、仮想通貨ビットコインについて調べました
調べたと言っても、投資やお金の儲け方ではなくて、ビットコインのシステムについて調べました
資料として残す意味も含めてビットコインの仕組みを書いてみました

ビットコインの起源

2008年 謎の人物:中本哲史(サトシ・ナカモト)が、投稿した論文が元
2009年から有志の凄腕プログラマーにより運用されているオープンソース・ソフトウェア:ビットコインとは決済システム
最初は無価値だった。=通貨じゃなかった。
酔狂から始まって、物との交換、相場が出来て、価値が確定していった。
誰も改竄できないシステム(ブロックチェーン)なのでビットコイン自体に信用が生まれた。
相場が暴落したら、無に帰する。

ブロックチェーンって何

ビットコイン(仮想貨幣)の中核技術。分散台帳、分散型ネットワークを用いたデータベース。
メインサーバーを持たない。サーバー群がある。改ざんしにくい。(複数データがある。)
分散管理なのでBCPは高い。
全てのデータを持つサーバーが無い。
ブロックと呼ばれる記録単位が連続的に増加し、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により自律的に管理される。

ブロックチェーンの強み

直取引:仲介料が不要(でも小さな仲介者が沢山居る…)
誰の物でもなくて、皆の物
世界中で研究されている。

個々が信頼しあう。

日経BP社より引用

ビットコインには誰の保証もない

ビットコインには誰の保証もない。(相場があるだけ)
ビットコインは総量が増えない。(上限は決まっている。)
だれもビットコインを増やす権限を持たない。(改竄不能)
相場が変わって分割が増えるだけ。
プラットフォーマーの否定:信用を仕組みで達成する。
国、胴元、元締め、総管理者は不要
Google、Uber、Airbnb、Amazonなどの否定。

ビットコインの発行量上限

ビットコインは2100万枚が上限 2140年に達する
ビットコインの運営(決済の正誤判定:マイニング)に協力すると報酬が配当される。
ビットコイン運営への協力。

ビットコインからの利益

相場で儲ける=株、為替で儲けるのと同じ。:一般人の関わり方
ものすごい勢いで高くなっている。買う人が増えると高くなる。
2009年:1円、2016年5月:5万円、2017年1月:40万円、10月:60万円、11月100万円

ビットコインの取引を承認(決済:正誤を判定)する為の計算(情報処理)を行うと(マイニング=採掘と呼ばれる競争に勝つ必要が在る。)、報酬(配当:25BTC)をもらえる。
配当は、2017年12.5BTCに減、2021年6.25BTCに減、2025年3.125BTCに減(2017年10月19日 1BTC=64万円)

ビットコインのメリット

仮想通貨で元々電子決済、ネット決済の仕組み
ボーダーレスで国境が関係ない
手数料が安い。
特に海外送金が安い。
安全(暴落は除く。)
中国などでは、国に捕捉管理されない貯蓄ができる。銀行ではない。海外移送の手間も無い。政府は口座凍結とかできない。

以上初級編ビットコインの解説でした

(おわり)

商品開発カテゴリの最新記事