特許って難しそう? 特許を持ってると何が得なの?わかりやすく説明します

特許って難しそう? 特許を持ってると何が得なの?わかりやすく説明します


ボクはエンジニアです
エンジニアにとって切っても切れない仕事があります。それは特許です
知的財産とも言います
エンジニアの実力の指標の一つが特許です
ボクも特許はたくさん書きました。でも会社員なので特許の権利は会社のものです
でも、ごほうびとして報奨金が毎年ン十万円出ますよ。そのお金で腕時計を買ったりしています

さて今日はそんな特許のあまりみんなが知らないだろうなという話題をわかりやすく説明したいと思います
気楽に聞いてくださいね

特許って難しそう

特許というと難しく聞こえますが、難しくありませんので、覚えて帰ってくださいね(笑)
特許を簡単に言うと
「ボクの商品のマネしないでね」という権利です。「マネしてもいいけどお金ちょうだい」という権利です。
これだけです。ね!難しくないでしょう。

商品開発が自由にできないのはなぜ

商品の開発が誰でも自由にできる自由競争であれば、みんながいいものを開発していくから商品は同質化します。そのうえで差別化するには商品そのものではないところで差別化する必要があります。

でも世の中には特許と言う素晴らしくもめんどくさい制度があります
この特許によって自由競争ができないのです。「そんなのおかしい。商品開発はだれにでも自由であるべきだ」といっても、特許があってできないのです
それがいいいか悪いか思うところはありますが、これは法律なので嫌とは言えないのです

特許の使い方

大切な概念が2つあります

1.分野による差

例えば、医薬メーカーとエレクトロニクスメーカーでは特許の使い方がまったく違います
詳しい説明は省略します

2.企業規模による差

中小企業と大企業とでは特許の使い方がまったく違います
サッカーに例えると、中小企業は、メッシ1人雇って試合に勝つという戦略です
大企業は、Jリーガーを1000人雇ってチーム力で勝つという戦略です

特許戦略のパターン

今日は主に大企業の特許戦略のパターンを紹介します
中小企業や個人事業主の特許戦略については、機会があったら書きます

なお、ここで書いている内容は世の中に公開されている情報なので、ブログに書いてもボクが会社から怒られることはないです(笑)

クローズ特許戦略

自分の特許を他社に使わせない。特許で自社製品を守る戦略です

青色LED


青色LEDの日亜化学が有名です。
青色LEDを他社に作らせないことで青色LEDを独占する戦略です
上に書いた「ボクの商品のマネしないでね」ということです

みなさんが思い浮かべる特許の使い方の典型的パターンです
当初日亜化学はこれがうまくいきましたが、他社の攻撃に持ちこたえきれなくなって他社にも特許を使わせるようになりました

インクジェットプリンター


インクジェットプリンターのビジネスモデルはインクです。本体は非常に安いのですが交換カートリッジは高いです
その儲け頭を守るために特許を使います。つまりインクカートリッジは自社と同じカートリッジを他人に作らせないようにクローズ特許戦略をとっています
プリンター本体は儲けがないので各社でお互いに特許を使いあっている(クロスといいます)と思われます

オープン特許戦略

特許をオープンにしてみんなに使ってもらう戦略です

マイクロソフト


マイクロソフトは特許をクローズにして市場が小さくなるよりも自社の特許をオープンにして市場が拡大することを優先した戦略です。王者の戦略ともいえます

オープンライセンス戦略

特許をオープンにするけどリーズナブルなお金は頂きますよと言う戦略です

IBM


代表的にはIBMがあります
IBMが保有する特許を他社に積極的にライセンスします
ちなみにIBMの年間ライセンス収入は1000億円です。商品を売った収入ではないですよ、特許から得られる収入です。ものすごいです

TOTO


TOTOの光触媒技術もオープンライセンス戦略です
具体的には光触媒の技術は自社の便器などの製品に組み込んでいます
でも光触媒の技術はクルマのドアミラーなどにも使えます。その際TOTOはドアミラーはつくれないのでTOTOは、ドアミラーメーカーに特許をライセンスします

大学や研究所

大学や研究所は自分で商品を作って販売しないので、特許をとっても自社製品を守ることに使えません。よって研究した技術を特許にして特許ライセンス収入を得る戦略をとっています

オープンクローズ戦略

デジタルカメラ


デジタルカメラは特許をオープンにする部分とクローズにする部分とミックスにするオープンクローズ戦略をとっていると思われます

以上、特許のお話でした。また機会があったらできるだけわかりやすく書きますね。ではまた

(おわり)

商品開発カテゴリの最新記事