女子サッカーノジマステラ神奈川相模原&ベガルタ仙台Lがどうやって誕生したのかそしてアカデミー福島出身 田中陽子/川島はるな/吉見夏稀/和田奈央子選手の想い

女子サッカーノジマステラ神奈川相模原&ベガルタ仙台Lがどうやって誕生したのかそしてアカデミー福島出身 田中陽子/川島はるな/吉見夏稀/和田奈央子選手の想い

(ノジマステラ公式HP)

本日6/9 ノジマステラ・ベガルタ仙台L・JFAアカデミー福島 3つのチームの想いをのせて福島県で試合が開催されます
本日の試合が福島県のみなさまの力になることを祈ります
<2018プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ 第5節ノジマステラvsベガルタ仙台L>

Advertisement

ノジマステラ・ベガルタ仙台L誕生

2011年3月11日14時46分 東日本大震災発生
このときある男が宮崎にいた 後にノジマステラ監督になる菅野将晃である

菅野は東京電力を母体とするなでしこリーグの強豪TEPCOマリーゼで指揮をとっていた
チームは2年連続3位の成績を収め いよいよ優勝を目指していた

そのチームが宮崎でキャンプを行っているときに地震は起きた

マリーゼの選手の半分は福島第一原発が職場だ

練習どころではなくチームは活動停止、休部と続き、チームを移管して活動の場を求めようと菅野は多方面と接触した

そして秋にはベガルタ仙台が選手を引き受けベガルタ仙台レディースとして再出発が決まった

ベガルタに話が決まる前に菅野はノジマにもチーム移管の話をもっていっていた

ノジマがマリーゼを引き受けることにはならなかったが、その関係もあり菅野と野島社長の間で「一からチームをつくりませんか」と意見が一致

そして生まれたのがノジマステラ神奈川(現ノジマステラ神奈川相模原)である

JFAアカデミー福島

JFAアカデミー福島は、日本サッカー協会が福島県・広野町・楢葉町・富岡町と連携して推進する中学・高校の6年間を対象としたエリート教育機関・養成システムです。

2006年4月8日開校です

写真はJヴィレッジの天然芝フィールドの向こうに見える女子寮「扇」

JFAアカデミー福島は2011年3月に発生した福島第一原子力発電所事故を受け、拠点である福島県Jヴィレッジが震災復興のための車両基地などになり当面の間利用不可能となりました

そして同年4月から御殿場高原時之栖に拠点を移転して活動することとなりました

ノジマステラの田中陽子選手 川島はるな選手 吉見夏稀選手 和田奈央子選手の4人はJFAアカデミー福島の1期生です

アカデミー福島だけではなく、学校の1期生って結束がかたいんですよね

4人は中・高5年間、福島ですごしてきました

その中でも川島はるな選手はアカデミー福島→ベガルタ仙台→ノジマステラの所属です

本日福島県で試合開催

本日6/9福島県いわき市いわきグリーンフィールドでノジマステラvsベガルタ仙台レディースの試合が開催されます

ノジマステラ・ベガルタ仙台・JFAアカデミー福島 3つのチームの想いが本日の試合にこめられています

アカデミー福島出身の和田奈央子選手、川島はるな選手、田中陽子選手、吉見夏稀選手よりメッセージをお届けします(ブログ上で動画が再生されないときは下記ツイートをクリックしてご覧ください)

 

本日の試合が福島県のみなさまの力になることを祈ります

 

【関連記事】女子サッカー 田中陽子 日本代表へ正念場 ノジマステラ神奈川相模原所属

【関連記事】ノジマステラvsマイナビベガルタ仙台L なでしこリーグカップ1部 Bグループ 第5節に行ってきました

ところで、ノジマステラの中心選手である田中陽子選手のインタビュー記事が掲載されています
ライターのサッカー馬鹿 勝村大輔さんの記事です。とてもいい記事だと思います
WINDING ROADの先に見えた風景<ノジマステラ神奈川相模原 田中陽子選手の現在地・インタビュー>

Advertisement

ノジマステラ神奈川相模原カテゴリの最新記事