今さら聞けない!ネコは散歩がいらないから犬より飼うのがラクは本当!?

今さら聞けない!ネコは散歩がいらないから犬より飼うのがラクは本当!?

ネコは散歩がいらないから犬より飼うのがラク
飼いたいペットで常に上位人気の犬と猫。

ペットは飼いたいけれど、どちらを飼おうか迷っている方も多いと思います。

迷っている人へのアドバイスでよく耳にするのが

「猫は犬と違って散歩しなくていいからラクよ~」なんて助言ありますよね。

ここでは猫の散歩についての色々をお伝えしようとおもいます(^^)

Advertisement

猫は散歩が要らないというのは本当!?


昔は猫も外に出してあげた方がいいと言われていましたが、

最近では室内にいる方が安全に暮らせるので散歩をしなくていいと言われるようになりました。

 

猫は縄張りをつくる生き物で、自分の縄張りの中で生活するため、

自分の知らない環境や匂いに対して不安になりストレスを感じてしまいます。

猫は犬よりも運動量が少なく、上下運動に長けている生き物なので、

無理に散歩をする必要はありません。

野良猫や外で育ってから室内で飼われるようになった猫の中には、

外に興味のある猫もいるでしょうが、一度も外に出た事のない猫は、

外に出る事を猫自身も望んでいない場合もあります。

無理に連れ出してしまうとストレスの原因になります。

猫を散歩させることのデメリット

・不安や恐怖によるストレス

気の弱い猫や、外に一度も出た事のない猫は見慣れない物に対して警戒心を抱きます。

お家の室内を縄張りと思っているので、そこから離れる事で

パニックを起こしたり、ストレスを感じたりしてしまいます。

・交通事故や怪我の恐れ

散歩中に犬に吠えられたり、物音や車に驚いたりして、車道に飛び出し、

事故にあってしまう恐れがあります。

また驚いてパニックを起こした猫が脱走してしまう可能性もあります。

・ノミやダニをもらってくる

散歩をすることで植物に触れたり、

他の猫や動物と触れたりする事もあると思います。

その時にノミやダニをもらってくるリスクが増え、

猫の病気や飼い主への肌トラブルを引き起こしてしまいます。

・病気をもらってくる

外を散歩することで、野良猫から病気をもらってしまったり、

ケガの傷口から感染症になったりと、

室内飼いでは患うことのなかった病気にかかってしまう恐れがあります。

・ご近所トラブル

全ての人が猫好きとは限りません。

中には猫嫌いというだけで執拗な嫌がらせをしてくる方もいるかもしれません。

また野良猫の糞尿に困っている方もいるので、自分の猫がした訳で無くても

目を付けられてご近所トラブルになるかもしれません。

沢山デメリットを書きましたが、散歩をさせるメリットもあります。

猫の中には、外で育った猫や、好奇心が強い猫の場合は、

外に出て自然と触れる事を望む場合もありますし、

室内飼いの猫も災害や緊急時の避難や外出に備えて、外に慣らしておく事もできます。

猫の散歩のさせ方


ストレスや運動不足が気になり、どうしても外で散歩させたい方もいるかと思います。

猫を散歩させたい場合は、いきなり外に連れ出さずに、

猫を抱っこして外に出てみるなどして、猫の様子をよく観察してからにしましょう。

猫が嫌がっているようなら、すぐにやめてあげて下さいね。

 

猫と散歩をするにはさまざまな準備が必要です。

散歩をする前に準備しておくこと

・ハーネスに慣らしておく

猫が脱走してしまわない為に散歩時にはハーネスを付けてあげましょう。

首輪タイプのリードよりもハーネスタイプがオススメです。

猫は犬と違って顔が小さく、柔軟な動きが出来るので、

首輪タイプだとすり抜けてしまう可能性があります。

 

普段首輪を付けている猫も、突然のハーネスを嫌がる場合もありますので

あらかじめ猫に慣らしておきましょう。

もちろん嫌がる場合はストレスになりますのでハーネスも散歩もやめておきましょうね。

・予防接種をうける

野良猫や他の動物から感染症をもらって、病気にかかる可能性があります。
散歩前には病院で相談し必要な予防接種やワクチンを受けておきましょう。

・去勢、避妊をすませておく

野良猫と接触して妊娠してしまう可能性や、オスの場合でも感染症をもらってしまう可能性があります。
猫を散歩させたいと思っている人は去勢、避妊手術についても検討しておきましょう。

初めて散歩をさせるときに必要なもの

・キャリーバッグ

散歩中に何かあった時、猫が避難出来るようにキャリーバッグなどの鞄を持ち歩きましょう。

車に怯えたり他の猫に興奮してしまったりした時に

一度猫をキャリーバッグにいれて落ち着かせてあげましょう。

・エチケット用品

犬の散歩同様にマナーをまもりましょう。

猫のおしっこを流す水や、フンをとるためのゴミ袋を持ち歩くようにしましょう。

散歩後に気を付けたい事

・足を拭いてあげる

散歩から帰ったら猫の足を拭いてあげましょう。

猫は毛づくろいで手足を舐めたりしますよね。

足についた雑菌を猫が舐めて病気に感染してしまわないように、

濡らしたタオルなどで優しく拭いてあげましょう。

・猫の様子をよくみてあげる

散歩から帰ってきた猫が、必要以上に痒がっていないか、

普段と違う様子が無いかよく見てあげましょう。

ノミやダニに噛まれている場合もありますので

普段と違う変化を見落とさない様に気を付けましょうね。


私個人としては猫の散歩や外に出す事はデメリットが多いので

あまりおすすめとは言えませんし、必要ないと思っています。

以前猫と暮らしていた時には、猫が運動不足やストレスを感じないように

キャットタワーを設置していたので、猫に散歩が必要だと感じた事もありませんでした。

 

確かに犬よりも散歩の時間が無いので散歩の面でいうと猫はラクだと言えると思います。

ですが生き物を飼うのはラクではありませんよね(^^)

ラクだからというのも選択肢の一つですが、長い目でよく考えて、

家族・ペット共に幸せに暮らせる動物を検討しましょう。

カテゴリの最新記事