ボクの思い

2/3ページ
  • 2018.10.03

信用は一瞬で失います、でも少しずつ失っていく信用もあります

信用は一瞬で失います、でも少しずつ失っていく信用もあります 先のブログにも書きましたが、 先週のことです。 妻とUSJに行くことになりました 妻は大阪でやるミュージカルを見るために先に金曜から大阪に行きました そして土曜にUSJに行くためにボクは土曜の早朝に大阪に行く予定でした しかし、ボクは大寝坊をしてしまい、大阪には行けませんでした 当然、妻は怒ります そして妻は台風で新幹線が止まって、大阪か […]

  • 2018.09.13

一枚岩でがんばろ~  皆さんはこれをポジティブな言葉としてとらえますか ボクはネガティブな言葉としてとらえています

「一枚岩でがんばろ~!!」 みなさんはこれをポジティブな言葉としてとらえますか ボクはネガティブな言葉としてとらえています 以前はポジティブな言葉だと思っていました でも最近はそうではないと思うようになりました 何故そう思うのかを書きました 一枚岩でがんばろう 「一枚岩でがんばろ~」 コミュニティーがすでに一枚岩であるならば、わざわざ「一枚岩でがんばろ~」と言う必要はないですね わざわざ言うという […]

  • 2018.08.26

”好きなことを仕事にしてる人” 最近よく聞きます

定年後は田舎で農業をやるといって会社を去っていく先輩がいます 定年後も会社の再雇用制度を利用して会社で働く先輩がいます ボクは定年まではまだ時間がありますが、時々、定年後はどうしようかなと考えます ノジマステラの練習に通う 以前の記事「ノジマステラにとってシルバー層サポーターはなくてはならない存在<サポーターインタビュー記事>」の中で ノジマサポーターの宮本さんはこのように言っています ヨーロッパ […]

  • 2018.08.17

一理あるの意味と使い方 一利あるとの違い

「一理ある」の意味 辞書で「一理ある」の意味を調べると 「物事がおおかた道理にかなっていることなどを意味する表現」 「一つの道理。一応の理屈」 とあります ところでずっと気になっていることがあります それは「一理ある」の使い方です コミュニティーにおいて複数の意見があるのは当たり前です 異論反論は当たり前です。大人のコミュニティーでは当たり前です 今日は「一理ある」の使い方についておかしいと思って […]

  • 2018.07.11

組織のビジョンがわからない? 本当はそうではない2つの理由

組織において今後の進む方向だったり、どうすべきかという事を議論していると、こういうことを言う人がいます 「そもそも会社のビジョンがわからない」 その人は本当に会社のビジョンがわからないのでしょうか 実は多くの場合、会社にビジョンはあります。 よってビジョンはわかります。 ではなぜ、「ビジョンがわからない」というのでしょうか ビジョンが分からないという2つの理由 ビジョンがあることを知らない ビジョ […]

  • 2018.06.21

見返りは求めないという意味 大好きな人のために力をかしたいだけ

見返りを求める人 ギブアンドテイクと言う言葉があります、それは人に何かを与えたら何か返してもらう事ですか それってなにか返してほしくてやっているんですか 見返りを求めずただ単にその人の役に立ちたいと思ってやるのとは違いますよね 見返りを要求する人は、与えても返してこない人に「なぜ返さないんだ」と怒ります。 それでも返してこない人には、与えるのを止めてしまいます。 そして言うんです。「あんなにしてや […]

  • 2018.06.08

規則やルールがあいまいなのは悪なのか

「その規則はあいまいなのでいっそのこと全部禁止にしろ」 以前聞いた言葉です 例えばマンションの規約に「公序良俗に反することを禁止します」と書いてあります 公序良俗に反することって何なんでしょうね あいまいですね 法律のあいまいさ 法律はわざとあいまいに書いてあります そのことを法律の専門家は以下のように解説しています。 引用します* 「法律には、起こり得る場合を全て取り上げて細かく書き並べられてい […]