商品開発

2/5ページ
  • 2019.02.19

いい特許の取り方 おすすめの方法

  今日はどうすればいい特許が取れるか、おすすめの方法について書きます 特許の取り方といっても特許庁への手続きの方法ではなくて、どんなアイディアが特許を取りやすくて なおかつ他社が脅威と感じる特許が取得できるかその方法を書きます 電気系エンジニア ボクは電気回路エンジニアです。電気のハードウエアの開発設計です 今は設計の最前線からは退いています 電気回路は特許の宝庫です。他社の特許も多い […]

  • 2019.01.29

ルンバ活用術 ルンバを使って自分のやりたいことに集中する

ルンバの活用術です。ルンバを活用することで自分のやりたいことに集中できるという話です メーカーの研究室実験室 ボクはメーカーに勤めています。民生品の商品を開発・設計・製造・販売しています 会社はデスクワークする部屋とは別に新製品を開発するための研究室実験室があります 社内の清掃 社内の清掃は基本的に清掃会社の方にやってもらっています でも、機密性の高いスペースは機密保持の観点から社員が自分たちで清 […]

  • 2019.01.14

自分の曲の利用許諾「拒まれた」JASRACを提訴 について解説します

2019年1月11日に『自分の曲の利用許諾「拒まれた」 JASRACを提訴』というニュースがありました これについてはネットで勘違いした人のコメントが見受けられたので、勘違いの部分について解説したいと思います JASRACを提訴というニュース 「自分の曲の利用許諾「拒まれた」 JASRACを提訴」 自身のオリジナル曲の利用許諾を日本音楽著作権協会(JASRAC)に拒まれ、ライブが開けなかったなどと […]

  • 2018.12.29

人が集まりやすいセミナーとはという話とセミナーの内容

人が集まりやすいセミナーについて思うところがあったので記事を書きます セミナーを受講しました 先日セミナーを受講しました。就業時間中に受講しました 仕事に関連するセミナーです でも100%仕事ではなく半分仕事、半分趣味で受講しました 会場に行ってみると、予想以上に受講者が多いです。満員で補助椅子が出ていました そこで思いました「ガチ仕事のセミナーより仕事半分くらいのほうが人が集まる」 仕事では無い […]

  • 2018.12.26

「日本を変えた千の技術博」の見どころを紹介します

「日本を変えた千の技術博」の見どころを紹介します 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 […]

  • 2018.12.25

その仕事は何のためにやってるんですか

ボクはメーカーの商品開発部エンジニア、商品企画部をやったあと今は知的財産部にいます。いわゆる特許部というやつです ところでメーカーの商品開発部のエンジニアは何のために仕事をしているのでしょうか? それは「お客様が喜ぶ製品を開発するため」です ではメーカーの知的財産部の社員は何のために仕事をしているのでしょか 「特許庁に特許を出願して特許をとるためでしょうか」 違いますそれは手段です。目的ではありま […]

  • 2018.12.10

グッドデザイン賞2018から 23選しました

グッドデザイン賞2018が決定しました 応募数の4,789件を対象に審査を実施した結果、全1,353件の受賞が決定しました。 受賞1,353件を全てチェックするのは時間がかかるかもしれませんので、今回ボクが全件数見た中で、良いと思ったもの23件を選んで紹介します リンクカードの形で紹介しますので、ざっと眺めるだけでも面白いと思います より詳しく知りたい場合はリンクカードをクリックすると詳細のページ […]

1 2 5