ボクは小学生から始めたサッカーで挫折しましたサッカーから逃げました

ボクは小学生から始めたサッカーで挫折しましたサッカーから逃げました

前の記事で、ボクは“ノジマステラの選手をアスリートとして尊敬している”と言いました
関連記事:女子サッカー選手はアスリートなのかアイドルなのか

世の中にはサッカー以外のアスリートもいますが、特にサッカー選手を尊敬しています
それは、ボクがサッカーで挫折した過去があることと無関係ではありません

レフティーの小学生

ボクは九州熊本の田舎に生まれました
ボクがサッカーを始めたのは小学3年生です
サッカーを始めたときに考えたのは、左右どっちの足で蹴ろうかなということです
ボクは手は右利きです
そのころ、野球では左打ちがはやっていました、左バッターはカッコイイと思っていました
そこでボクはサッカーの左バッターになろうと思いました
幸いなことに右足も左足も同じくらいへたっぴーでしたのでどっちを練習しても同じです、なので左足を練習しました
その結果レフティーの小学生の出来上がりです
小学生の間はレフティーだからと特別何かがあったわけではありません

部活サッカー

田舎にはクラブチームはありません。サッカーをしたいなら部活に入るしかありません
ボクが入ったサッカー部は環境面に恵まれていました
校庭ではなくサッカー専用グランドで練習をしていました
指導者も学校の先生ではなく外部からコーチを雇っていました

サッカー部では、左足が蹴れるというだけで左ウイングに指名されました
練習は、コーチが自陣から左奥のゴールラインをめがけて蹴るドSなロングボールを
全力で追いかけ、左足で中にクロスボールを上げる
ひたすらこれの繰り返しです

ボールに追いつけないと怒られます
もう吐きそうでした

ウイングの練習以外も走ってばかりでした
それには理由があります
田舎の弱小サッカー部が強豪サッカー部に勝つ方法は、テクニックよりも前後半フルに走れる体力でした。

“リフティングの練習する暇があったら走れ”そんな雰囲気でした
ボクはもっとテクニックを上げる練習がしたかったです

そしてあまりにも練習がきつくてボクはだんだんサッカーが嫌いになりました
時々部活を休みました
でもサッカー部を途中でやめる勇気もなく、ただ時間が過ぎるのを待つ毎日でした

そしてサッカー部を引退することになりました。でもさびしくはなかったです、逆に「これでサッカーをやらなくてすむ」とうれしかったのを覚えています

なぜサッカーをやるのですか

なぜサッカーをやるのですか?と聞かれて、「サッカーが好きだから」と答える選手をボクは尊敬します
そう答える選手を見ているとまぶしすぎて泣きそうになります

挫折した子供に親はどう対応すればいいか。ヒントになるかもしれないと記事を書きました
関連記事:サッカーをする小学生の子供をもつ親御さんのヒントになればいいなと思い記事を書きました
(おわり)

サッカーカテゴリの最新記事